鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

前回作業の様子を紹介した熊本市電8200形と、同時に作っていた他2両が完成したので(紹介はまた後日)、新たな車両に着手しました。

今回は初挑戦となるLRVで、アルナ車両リトルダンサーシリーズの、筑豊電鉄5000形です(当地から最も近い場所で見られるリトルダンサーですが、確かまだ実車を見たことはありません)。

他にも2形式制作予定ですが(長崎電軌5000形と豊橋鉄道T1000形を予定)、試作の意味を込めてまず先にこの1形式作ります。

DSCF3603
まずは窓抜きから。
型紙を印刷してから設計を変更したので、窓サッシを無視して切り抜きます。
外張りは窓の線の外側の縁、内貼りは窓の線の内側の縁を切るよう意識して切ります。

DSCF3604
切り抜いて内貼りと外貼りを貼り合わせました。



DSCF3617
組み立てます。
妻板は強度を出すために内貼りをボール紙(ネコポスのやつ)にしています。

DSCF3618
補強します。
ドアの部分は、窓と角材が重なるので、その部分だけ角材を避け、代わりに横方向に角材を渡して補完します。
(組み立ての時点で断面の寸法を文字通り紙一重で間違えたため、先頭部がほとんど狭まっていません)

DSCF3619
屋根を取り付けます。
型紙に印刷しましたが、強度の関係でこちらもネコポスのボール紙を使用しました。

DSCF3620
そして、車体が組みあがりました。
前面とその屋根部分のカーブは、デフォルメして平面にしています。


今回はここまでです。
これからバンパー部分を作ります。

今週中に完成できればいいのですが。

3か月ぶりの更新です。

今年も公民館の文化祭に出展します。
それに向けて現在制作中なのが、「和製PCCカー」と呼ばれた都電5500形(浅草線の新型車両ではないので注意)、鹿児島市電500形501号「散水電車」、そして今回ご紹介する熊本市電8200形です。

熊本市電8200形は、1982年に製造された、日本で初めてVVVFインバータ制御を採用した車両です。
長崎電気軌道2000形にもデザインの共通性が見られる軽快電車タイプの車両です。

今回はこの車両の制作に挑戦しました。
素材はいつも通り紙製です。

DSCF3555
で、いきなり切り出した状態の写真です。
窓の縁は車体表面から出っ張っているので、シール紙を貼って表現します。
窓を抜いたあと、窓よりも少し大きめ(4辺がそれぞれ2mm長くなっている)に切り出したシール紙を貼り、そのシール紙をまた切り抜きます。

シール紙は接着面が狭いので、切り抜き中にはがれる恐れがあるので、爪楊枝で瞬間接着剤を染み込ませて固着させてから切り抜きます。写真はそのシール紙の切り抜きの直前の様子です。

DSCF3556
シール紙を切り抜き、内貼りと貼り合わせます。
窓が引き締まって見えますね。



DSCF3557
今回は、車体が両端で狭まっている部分の屋根のペーパー化に挑戦しました。
この部分、以前制作した長崎電軌2000形ではバルサ製としましたが、部分的にバルサ製にするとつなぎ目の処理が大変なので、何とか紙で作りたかったのです。

展開図は、計算で起こしたのではなく、モックアップに紙を巻き付けて写し取るという原始的な方法を採り、その大体の寸法をCADで作図しました。
車体側には、安定して接着できるようにノリシロを付けています。

DSCF3559
うまくいきました。

DSCF3560
長崎電軌2000形との比較。
写真を拡大表示すると、処理の甘さから、先頭部の屋根に木目が見えるのが分かるでしょう。

写真を撮っているのはここまで。
現時点では塗装に入っています。

次は完成時または出展時に紹介予定です。





ネタ消化です。

今年はRailsimのPI制作にはまってしまい(ゴミクオリティなので配布の予定はありませんのであしからず)、模型の方はたったの6両しか作っていません。

今年の上半期に制作した車両は
大阪鉄道デイ1形
EF66
オハネフ25-300
南海9000系
西武30000系
東京メトロ7000系(副都心線)
です。

西武30000系は前回紹介したので、今回は残りの5両を紹介します。

大阪鉄道デイ1形

DSCF3457

DSCF3458

DSCF3459

近鉄の前身の1つで、現在の南大阪線を敷設したのが大阪鉄道で、路線の電化に合わせて1923年に登場したのがデイ1形です。
近鉄になってからはモ5601形となりました。

以前、原鉄道模型博物館の画像をググっていたら、併用軌道に佇む青い電車が目に留まり気になっていたので作りました。
(同館で展示されている青い電車はこのほかに阪神電気鉄道311形313もいるので混同に注意。こちらはポール&ビューゲルを搭載しています)

制作にあたって、図面が見つからなかったので、近鉄HPの「鉄路の名優」のページに載っているイラストをもとに寸法を取りました。

1月下旬に着手し、1週間ほどで完成できると思いましたが、大寒波の中窓を開けて換気しながら塗装作業をする気には到底なれず、結局完成まで1か月以上かかってしまいました。

EF66・オハネフ25(あさかぜ)

DSCF3461

DSCF3460

管理人の鉄道好きの原点とされるのが寝台特急あさかぜです。
山陽本線小月駅近くの踏切で伯父がブルートレインを見せてくれたのが(うっすらと記憶あり)きっかけであると言われています。

あさかぜは以前からの懸案事項でしたが、いかんせんEF66の先頭部の形状からなかなか着手に踏み切れませんでした。
今回は、JR西日本公式のペーパークラフトをトレースしたものを基にするという荒業で対処しましたが、結局寸法が意図していた通りに合いませんでした。

DSCF3371
制作中の先頭部。

DSCF3463
オハネフ25-300は、電源車(カニ24)を連結しない「あさかぜ」・「瀬戸」用の編成に荷物室を確保するために改造された車両です。
手元に転がっていたアリイのオハネフ25のプラモから寸法を取り、荷物室部分は推測で作図しました。
Rの深い屋根は、内側に形状維持のためのカマボコ型の補強を入れています。
DSCF3464


南海9000系

DSCF3465

DSCF3466
管理人は南海電車に乗ったことも、生で見たこともないのですが、父が出張で堺に行くときに乗っていたので、父からよく南海電車の話を聞きました。

管理人の作った南海電車は、2006年9月末に完成した7000系(旧塗装・非冷房)以来1両も作っておらず、7000系が引退してからは現有の車両は皆無でした。

そこで作ってみたのがこちらです。
最新の8300系や8000系でもよかったのですが、どうせなら父が現役のころにいた車両を作って驚かせようと思い、9000系に決定しました。
ただ、こちらも図面がなく、推測で寸法を取ったため、前面があまり似ていません。

東京メトロ7000系

DSCF3439

DSCF3441

副都心線開業10周年を記念して作りました。
当初は10000系がよかったのですが、あの前面の形状は管理人の技術では作れないと判断し(展開図を起こせたとしても、曲面の透明パーツは作れない)、7000系になりました。

こちらは、手持ちの月刊とれいんNo.445(2012年1月号)に詳しい資料があるのでそこから設計しました。



と、簡単に上半期に制作した車両を紹介しました。

実は、昨年1月に個展を開いた長府庭園様から、「また個展を開いてはいかがですか?」と母経由で言われているのですが、また個展を開くかどうかは未定です。

下半期は蒸気機関車や路面電車、小田急などを作れたらと思います。





前回の更新から1か月以上開いてしまいました。

これまで約350両の車両を作ってきました。
そのうち、大手私鉄16社は一応全社作っているのですが、そのうち西武・小田急・南海は現有車両を1両も作っていません。特に西武は旧101系、南海は7000系(制作当時はまだ在籍していた。但し、作ったのは旧塗装・非冷房)の1両しか作っていないという有様です。

そこで現有車のない西武・小田急・南海、最近(9~10年以上)作っていないまたは最近の車両がない東武・東急・相鉄などの車両を作ろうと計画しました(多分途中で飽きる)。
その第1弾が南海9000系西武30000系です。

今回は西武30000系をご紹介します。(南海はまた後日ご紹介します)

・・・

まずは切り抜きから。


今回は、型紙を切り抜いて貼り合わせるまでの工程を撮影してみました。

・・・
次は、特徴的な前面です。
DSCF3381
厚さ2mmのバルサをメインに使います。ベースの部分と浮き彫りになった部分の2ピース構成です。
左端の型紙は、単に位置の確認だけに使う予定でしたが、パーツとして使うことにしました。

DSCF3384

DSCF3386

DSCF3387
これで前面は一応完成です。

DSCF3389
妻面の両端は角が削がれたような形になっているので、紙やすりで削ります。
紙が毛羽立ちますが、サーフェイサーを塗ってから磨けばおkです。

・・・

写真がありませんが、このあとパテ&サーフェイサーでの処理と塗装を行いました。



DSCF3392

前面の窓回りです。作業簡略化のため、印刷で済ませました。
普通紙に印刷し、OHPフィルムに貼ります。

DSCF3393
本体に貼ります。
雰囲気は十分ですが、なんだか横幅が広いような・・・

DSCF3395
側面の帯も、同じく普通紙に印刷したものを貼ります。
写真ではわかりませんが、銀色は実車の車体表面に施してあるヘアライン加工を意識し、筆の跡が平行になるように丁寧に塗りました。

DSCF3399
そして、完成したものがこちら。
先ほど「横幅が広いような」と書きましたが、それはスカートが付いていなかったからでした。
かなり簡素化していますが、雰囲気は十分でしょう。

DSCF3400
ディスプレイモデルなので、台車はダミーです。

DSCF3401

DSCF3402

いかがでしたでしょうか?
作り方やクオリティには賛否があると思いますが、私の場合自己満足の世界と割り切って作っているので、雰囲気が出ていればALL OKです。

次回は、南海9000系をご紹介いたします。


一昨日の朝のことです。
PC(windows8.1)の電源を入れ、スタート画面からデスクトップを表示すると、アイコンが1つも出ていませんでした。マウスポインタも重いです。

何か処理が重くなっているのは明らかでしたが、頭をよぎったのが昨年11月に発生したHDDの故障でした。
しかし、2分ほどしてアイコンは表示されましたが、PCの挙動は相当重く、まともに使えたものではありません。
タスクマネージャーを開くと、この重さの原因は「McAffe Module Core Service」でした。
「タスクの終了」を何度クリックしても効きません!

この「McAfee Module Core Service」、最近はことあるごとにメモリを消費し(「爆食い」と言ってもいいレベル)、特にChromeを扱うと(長い動画を視聴してブラウザバックする、chromeを閉じるなど)PCがかなり重くなりました。メモリも100MB単位で消費していました。
そして一昨日は起動直後からこれです。

少ししてマウスがある程度軽く動くようになったので、Chromeを起動してネットを使用していましたが、10数分ほどでまた動作がガクガクになりました。
起動から約30分。この間ずっとメモリ使用率は75~97%ぐらいの間を行き来し、最大で22万MBも消費されるという異常な状態でした。しかもMcAffe Module Core Serviceだけでです!
ついには「メモリが不足しています」という警告が出ました。

シャットダウンして電源を入れ直してみましたが、電源が入った時点から激重です。
原因はもちろんMcAfee Module Core Service。
鎮静化する気配は全くなく、もはやセキュリティーソフトの存在意義すら疑う事態です。



さて、管理人の家のPCに入っているマカフィーは、プロバイダのj:comが提供する「McAfee for ZAQ」です。
なので、j:comのコールセンターに連絡したところ、原因がマカフィーであることを確認するため、一旦マカフィーをアンインストールすることに。

アンインストールが完了して再起動したところ、メモリ占有はなくなりました。
しかし、ここで予想外の事実が!
マカフィーをアンインストールしている途中で、アクションセンター(コントロールパネル>システムトセキュリティ>アクションセンター)からの警告が出ました。
セキュリティーソフトをアンインストールしているので当然ですが、ここでオペレーターさんから、「Windows defenderがあるのならばマカフィーはいらない」という衝撃の事実が伝えられました。
そのため、「McAfee for ZAQ」の再インストールは行わないことになり、この一件は2時間がかりで収束しました。

トラブルが解決できたどころか、あのことあるごとにPCを重くするセキュリティーソフトから決別することができたのです。
それ以降はというものの、PCの動作が非常に軽くて快適になりました。
今のところ問題は発生していません。

しかしまあ、時にPCの利用をままならなくするセキュリティーソフトは考え物ですね。

このページのトップヘ