鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

前回の更新から1か月以上開いてしまいました。

これまで約350両の車両を作ってきました。
そのうち、大手私鉄16社は一応全社作っているのですが、そのうち西武・小田急・南海は現有車両を1両も作っていません。特に西武は旧101系、南海は7000系(制作当時はまだ在籍していた。但し、作ったのは旧塗装・非冷房)の1両しか作っていないという有様です。

そこで現有車のない西武・小田急・南海、最近(9~10年以上)作っていないまたは最近の車両がない東武・東急・相鉄などの車両を作ろうと計画しました(多分途中で飽きる)。
その第1弾が南海9000系西武30000系です。

今回は西武30000系をご紹介します。(南海はまた後日ご紹介します)

・・・

まずは切り抜きから。


今回は、型紙を切り抜いて貼り合わせるまでの工程を撮影してみました。

・・・
次は、特徴的な前面です。
DSCF3381
厚さ2mmのバルサをメインに使います。ベースの部分と浮き彫りになった部分の2ピース構成です。
左端の型紙は、単に位置の確認だけに使う予定でしたが、パーツとして使うことにしました。

DSCF3384

DSCF3386

DSCF3387
これで前面は一応完成です。

DSCF3389
妻面の両端は角が削がれたような形になっているので、紙やすりで削ります。
紙が毛羽立ちますが、サーフェイサーを塗ってから磨けばおkです。

・・・

写真がありませんが、このあとパテ&サーフェイサーでの処理と塗装を行いました。



DSCF3392

前面の窓回りです。作業簡略化のため、印刷で済ませました。
普通紙に印刷し、OHPフィルムに貼ります。

DSCF3393
本体に貼ります。
雰囲気は十分ですが、なんだか横幅が広いような・・・

DSCF3395
側面の帯も、同じく普通紙に印刷したものを貼ります。
写真ではわかりませんが、銀色は実車の車体表面に施してあるヘアライン加工を意識し、筆の跡が平行になるように丁寧に塗りました。

DSCF3399
そして、完成したものがこちら。
先ほど「横幅が広いような」と書きましたが、それはスカートが付いていなかったからでした。
かなり簡素化していますが、雰囲気は十分でしょう。

DSCF3400
ディスプレイモデルなので、台車はダミーです。

DSCF3401

DSCF3402

いかがでしたでしょうか?
作り方やクオリティには賛否があると思いますが、私の場合自己満足の世界と割り切って作っているので、雰囲気が出ていればALL OKです。

次回は、南海9000系をご紹介いたします。


一昨日の朝のことです。
PC(windows8.1)の電源を入れ、スタート画面からデスクトップを表示すると、アイコンが1つも出ていませんでした。マウスポインタも重いです。

何か処理が重くなっているのは明らかでしたが、頭をよぎったのが昨年11月に発生したHDDの故障でした。
しかし、2分ほどしてアイコンは表示されましたが、PCの挙動は相当重く、まともに使えたものではありません。
タスクマネージャーを開くと、この重さの原因は「McAffe Module Core Service」でした。
「タスクの終了」を何度クリックしても効きません!

この「McAfee Module Core Service」、最近はことあるごとにメモリを消費し(「爆食い」と言ってもいいレベル)、特にChromeを扱うと(長い動画を視聴してブラウザバックする、chromeを閉じるなど)PCがかなり重くなりました。メモリも100MB単位で消費していました。
そして一昨日は起動直後からこれです。

少ししてマウスがある程度軽く動くようになったので、Chromeを起動してネットを使用していましたが、10数分ほどでまた動作がガクガクになりました。
起動から約30分。この間ずっとメモリ使用率は75~97%ぐらいの間を行き来し、最大で22万MBも消費されるという異常な状態でした。しかもMcAffe Module Core Serviceだけでです!
ついには「メモリが不足しています」という警告が出ました。

シャットダウンして電源を入れ直してみましたが、電源が入った時点から激重です。
原因はもちろんMcAfee Module Core Service。
鎮静化する気配は全くなく、もはやセキュリティーソフトの存在意義すら疑う事態です。



さて、管理人の家のPCに入っているマカフィーは、プロバイダのj:comが提供する「McAfee for ZAQ」です。
なので、j:comのコールセンターに連絡したところ、原因がマカフィーであることを確認するため、一旦マカフィーをアンインストールすることに。

アンインストールが完了して再起動したところ、メモリ占有はなくなりました。
しかし、ここで予想外の事実が!
マカフィーをアンインストールしている途中で、アクションセンター(コントロールパネル>システムトセキュリティ>アクションセンター)からの警告が出ました。
セキュリティーソフトをアンインストールしているので当然ですが、ここでオペレーターさんから、「Windows defenderがあるのならばマカフィーはいらない」という衝撃の事実が伝えられました。
そのため、「McAfee for ZAQ」の再インストールは行わないことになり、この一件は2時間がかりで収束しました。

トラブルが解決できたどころか、あのことあるごとにPCを重くするセキュリティーソフトから決別することができたのです。
それ以降はというものの、PCの動作が非常に軽くて快適になりました。
今のところ問題は発生していません。

しかしまあ、時にPCの利用をままならなくするセキュリティーソフトは考え物ですね。

管理人のSimutransのプレイは、1週間~数週間で飽きが来て、すぐに新しいマップに移ることが大半なのですが、今回のマップはプレイ期間が1か月を超えるという異例の展開となっております。

さて、この1週間では、私鉄線や鹿児島本線風の路線の敷設を行ったのですが、未完なので今後改めてご紹介します。
それよりも大変なことが起こりました。
なんと、リニアが開業しました
新幹線ができたばかりで時期尚早な気もしますが、とにかくリニアができました。

linear
新幹線の混雑が激しいので、バイパス路線として、ウサミン星~宗谷間を結びます。
スピード重視のため余計な場所には寄らず、直線的に結んでいるのが特徴です。本土へ延伸する構想もあります。
駅は、ウサミン星、渋谷、宗谷の3駅のみ!
それ以外の場所では、近くに街や大きな駅があっても全力でスルーしています。

simscr77
起点のウサミン星駅です。
車両基地がありますが、まだ運用されていません。

simscr78
渋谷駅。
真上に地下鉄のホーム(東横線・副都心線の渋谷駅が元ネタ)があります。
この付近は、市街の地下を通過します。

simscr79
直線的に敷設されたため、海を渡って一色島の端っこを少し経由します。

simscr80
入り江を渡ります。橋の中央部がアーチ橋になっているのがポイントです。
この付近は市街化の構想があるので、その暁には駅が新設されることでしょう。

simscr81
終点、宗谷駅。
この駅の先には車両基地がありますが、こちらもまだ運用されていません。
現状ではホーム1面で折り返しているので、スクショではリニアがだんごになっています。



リニアは前述のように、現状では3駅しかありませんが、沿線に新しい街や接続路線ができれば、駅が新設されることでしょう。
Simutransでは談合などできませんのでご安心ください。

この1週間の間に、他に敷設した路線は、路線網が完成したら紹介する予定です。

この記事で扱っているものは、管理人のローカルプレイであり、「ニコニコ鉄道」をはじめとする各種プレイ動画とは一切関連性はございません。また、実在の路線や駅・地名・キャラクターとも関係ありません。
 
渋宗本線が全通しました。

sibuso
ルートはこんな感じで、本土の赤間から、宗谷島南東の四葉紙を結びます。
本土には、雛衣本線が開通しました。両端の雛衣と鳥海は、マップ外部の都市という設定です。

前回の最後で、「次回は渋宗本線を改めてご紹介予定です。」と書きましたが、この1週間での進展が、かなり濃い内容となったので、詳しい解説はまたいつか然るべき時に行いたいと思います。

さて、いきなりですが、新幹線が開業しました

渋宗本線が全通したはいいものの、各地で大混雑が発生しました。
この混雑緩和のため、計画を前倒しして新幹線を建設することになったのです。

ルートはこちら。
sinkansen
ピンクが開業済み区間です。
黄緑は敷設済みで未開業の区間、水色が計画区間です。
一応本土の路線から分岐する形となっていますが、混雑が特に激しい渋宗間を優先して開業させました。
渋宗本線とは違い、四条を経由しません。(のちのち支線を敷設して対応予定)

では、沿線各地を見ていきましょう。
(ついでに、並行する渋宗本線も)

simscr62
渋谷駅。
新幹線は隣の新渋谷駅に乗り入れ予定でしたが、待機客が多すぎるので渋谷駅の既存ホームに重ねて新幹線ホームを建設しました。
配線は新大阪駅がモデルです。

simscr71
右に見える、在来線と十字に交差している駅が可児江(かにえ)駅。
湾を橋でショートカットです。
湾の左側を回り込んでいるのが渋宗本線です。

simscr69
南青馬(みなみおうま)駅。
相対式+通過線という、新幹線の途中駅ではごく典型的なスタイルの配線です。
西明石駅がモデルで、渋宗本線はここで複々線から複線になります。
もちろん、緩行線はここが終点で、駅の左にある電車区に一旦スイッチバックしてから折り返しです。

simscr70
渋谷島と宗谷島の間の海峡を渡る橋。
手前のエクストラドーズド橋が渋宗本線、奥のラーメン橋が新幹線です。

simscr68
伊良子駅。
ミカン色の上屋が特徴です。
片方向だけ、待避線が2本あるスタイルの駅です。まだ設定の予定はありませんが、区間便の折り返しが可能です。
在来線は、渋谷方面からの快速と、一部の新快速が折り返しとなります。

simscr67
高砂駅。
伊良子駅と間隔が短いですが、混雑が激しいので設置されました。
新幹線ホームは3面5線。現状で新幹線がスルーしている四条方面への支線を分岐させる構想があります。

simscr66
霧島駅。
大きめの街なのに在来線の予定ルートから離れているので設置。
現状で唯一の在来線が接続しない新幹線駅です。

simscr72
飛騨乃(ひだの)駅。
霧島を出ると、この駅まで長いトンネルです。
通過駅の配線ですが、渋谷へ向かう客のせいで赤棒が立っているので、多くの列車が停車することになりそうです。
在来線は折り返しが可能。隣接する街、余市までを結ぶミニ地下鉄があります(車両は営団05系3連)。

simscr63
宗谷駅。
新幹線は地上ホームです。折り返す列車のために、小規模な車両基地があります。

simscr73
終点の四葉紙(しばがみ)駅。
その1でも登場した駅ですが、ゲス鉄が乗り入れるようになりました。
都市名は「四葉」ですが、正しくは「四葉」(ライトノベル「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」の登場人物『四葉紙 伊緒乃』から)であるという間違いが発覚したので(春日部先生、申し訳ありません)、ゲス鉄は「四葉紙」という表記を使うという設定です。

↓四葉紙 伊緒乃(楽天ブックスより)
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(10) (角川スニーカー文庫) [ 春日部タケル ]
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(10) (角川スニーカー文庫) [ 春日部タケル ]



おまけ。
四葉紙の先に島があります。
この島、適当に作ったのですが、輪郭がアニメ「ポプテピピック」の1コーナー「ボブネミミッミ」でのポプ子に似ていたので、こうなりました。
simscr74
島の名前は「ボブネポプ島」です。

渋谷から直通の特急列車が設定されています。
普通列車は313系8000番台。
各駅停車ですが、実車に倣って特別料金(乗車整理券)が徴収されるというクソ設定です。

空港がありますが、ヘルシェイク矢野のこと考えてた結果がこれだよ!




次回何を紹介するかは未定です。

この記事は、管理人のローカルプレイであり、「ニコニコ鉄道」をはじめとする各種プレイ動画とは一切関連性はございません。また、実在の路線や駅・地名・キャラクターとも関係ありません。

「その01」と「その02」では私鉄(ライバル会社)を敷設したところをご紹介しましたが、今回ようやくプレイヤー会社に着手しました。
管理人のプレイスタイルでは、プレイヤー会社はJRに相当する会社となります(気まぐれで私鉄や海外の車両を使うこともある)。

社名は「ゲスの極み鉄道」です。某バンドとは関係ありません。
由来は、某週刊誌がゲスゲスと書いていることへの皮肉と、管理人自身への自嘲の意味が込められています。
通称は「ゲス鉄」(旧通称。一般に浸透)または「ゲーアール(GR)」(新通称。一般に浸透していない)です。後者の場合、英語であれば「ジーアール」ドイツ語であれば「ゲーエル」が正しいと思われますが、当て字ということで。

前置きが長くなりました。
1週間の間にかなり進んだので、数回に分けてご紹介します。
今回は渋谷島のゲス鉄線をご紹介します。

sibuya003
現在敷設されている、主なゲス鉄線です。
ピンクで示した渋宗本線(しぶそうほんせん)はこのマップで基幹となる路線で、東海道本線や山陽本線のようなポジションです。(岩泉へ向かう路線は支線)
渋谷周辺はアーバンネットワークを意識しており、
更衣(きさらぎ)≒京都
星井≒高槻
渋谷≒大阪
青馬(おうま)≒明石
渋宗本線≒JR京都線・JR神戸線
南北線≒JR東西線
十時線≒JR宝塚線
という感じです。(というか限りなく再現プレイに近い)

黄色で示した「ウサミン線」は、元ネタ的に総武線風です。

で、ウサミン線の詳細な系統図がこちら。
usa001
で示しているのは快速線で、車両はE217系。姫野王寺と岩泉を結びますが、終着を赤間に変更する計画があります。
水色で示しているのは南北線直通列車です。快速線を走行します。
羽衣から渋宗本線の夕雲または十時線の二見まで運転されます。車両は207系と321系です。
黄色で示しているのは緩行線です。車両はE231系(黄色)です。

さて、前回の記事でソウルワーカーメトロ(以下:SWM)の地下鉄1号線について、
星花涼宮から先は延伸する予定があります。
と書きましたが、延伸先となるのが、図中にピンクの破線で示した系統です。線路の敷設だけは終了しており、駅・信号の設置と架線の敷設を行えば直通可能となります。



各地の様子をご紹介します。
simscr47
渋宗本線の起点、赤間駅です。本土にあります。
新快速はこの駅が始発です。

simscr50
渋谷・姫野王寺市域全景。
渋谷市街の北部にあるターミナル駅は、SSでは「元渋谷」となっていますが、正式には新渋谷です。(地下鉄の駅名変更を未だに行っておらず、駅名がかぶってしまうため)
SWM線との接続駅である戸幕戸駅は塚本駅ポジションで、普通列車のみ停車させる予定でしたが、渋宗本線とSWMが直接接続する唯一の駅なので乗り換え客が殺到しているので、結局新快速以下の全列車が停車することになりました。

simscr58
ウサミン星付近。
某「永遠の17歳」のアイドルとは無関係ですが、「電車で向かえば1時間」とはどの駅からのことでしょうか?
水色の屋根のホームが快速線、黄色い屋根のホームが緩行線です。
緩行線は、電車区に突っ込んで終端となります。

simscr57
渋谷市街の地下。
前回紹介したSWM1号線に加え、南北線や市営(という設定の)地下鉄が開業しています。

simscr56
蒼龍地区。
前回・前々回ともに登場しましたが、ようやく全景の紹介となりました。
SWMに加え、ゲス鉄十時線が乗り入れました。
空港は先代の香港国際空港(啓徳空港)がモデルです。
そもそも地形データのこの部分は香港の九龍地区を模して作っています。が、縮尺を誤ったため大きすぎてしまい、結局スロープツールで地形を調整する羽目になりました。よって、空港の先には謎の人工島があります。
駅と空港を連絡する交通手段はバスしかないので、今後軌道系交通機関の整備を検討しなければならなくなると思います。


さて、今回は渋谷島のゲス鉄線を一気に紹介する予定でしたが、長くなってしまったのと、渋宗本線を分割して紹介することになって効率が悪いので、今回はここまで。
次回は渋宗本線を改めてご紹介予定です。








このページのトップヘ