鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

私のブログは便所の落書きです。
書かれている内容は愚かなものばかりです。
低レベルな記事を書き込む私は不心得者です。

自虐はこれぐらいにして、「まいてつ」のキハ07sの制作、3日ぶりの報告です(理由は後述)。 

前回は、パテを塗ったところで終わりました。
DSCF9733 - コピー
1日置いてパテが硬化したら、紙やすりで全体を磨きます。
かなり細かいカスが散るので、袋の中で磨きました。

そして、そこへ前回よりも薄めに溶いたパテを塗り重ねます。

「パテを塗る→乾燥→紙やすりで磨く」は合計3回繰り返します。
なので、3日も間が空いてしまったのです。

DSCF9735
3回目のパテを磨いて、下地処理が終わった車体です。

DSCF9736
ウインドウヘッダー、ウインドウシル、雨樋を取り付けます。

型紙の余白を幅1mmほどの帯状に切り出し、車体に貼ります。
まず、取り付ける場所に薄くボンドを塗ります。
紙の帯の片端を押さえ、もう片方の端を引っ張り、ピンとさせた状態で接着します。
ドアと重なった部分はあとから切除します。

DSCF9737
ウインドウヘッダー、ウインドウシル、雨樋、そしてライトを取り付けた状態です。
ライトは、丸棒と爪楊枝です。

 DSCF9739
公式のCGと見比べてイメージの確認です。

本日はここで時間切れです。

ご覧いただきましてありがとうございました。

つづく。 
PCソフト まいてつ[Lose] (あみあみ 様より) PCソフト まいてつ&ものべの 仲良しセット[Lose](あみあみ 様より)

「まいてつ」のキハ07sを作る企画5回目です。

 DSCF9724
屋根板の先頭部分も削ります。

 DSCF9725
ある程度形が整ったら、車体に接着します。
ここでは短時間で強力に接着できる、ゴム系接着剤を使用します。
そして、全体を見ながら紙やすりで形状を調整します。

DSCF9727
前面の窓の間の細い部分は、あとあとの作業中に力が加わって変形する危険があるので、瞬間接着剤を滲みこませて硬化させます。
また、前面の窓サッシは1段であることに気付いたので、切除しました。

DSCF9728
下地を整えるため、全体の表面にパテを塗ります。

タミヤ パテ(ベーシックタイプ)

価格:270円
(2016/3/14 23:01時点)
感想(0件)

パテはこちらの「タミヤパテ」を使用しています。
多めのパテに薄め液を少し加えて濃い目に溶いて塗ります。
パテの硬化には約丸1日かかるので、今日はここまで。

続く。


「まいてつ」のキハ07sを作る企画(いつから企画になった?)4回目です。


DSCF9713
先頭部に補強を入れます。
この補強は、キハ07形の最大の特徴である、半円筒形の先頭部の形を固定する重要なものです。
円形に切り出したバルサ(厚さ2mm)を半分に割って半円にして接着します。
(下側の補強は2枚重ねてある)

DSCF9714
車体の裾と上辺に角棒を接着して、側面の補強をします。

DSCF9715
続いて横方向の補強を入れます。
ここまで補強すると、落としたぐらいでは壊れません。
(極端な話、階段から蹴り落としても変形しません)

DSCF9716
屋根は、厚さ5mmのバルサで造ります。
まずは車体に合わせて大まかに切り出します。

DSCF9717
屋根板は、車体と合わせてイメージを確認しながら削るので、内側に短く切った角棒を接着して着脱できるようにします。

DSCF9720
まずは屋根板の先端を、先頭部のカーブに合うように削ります。

DSCF9721
屋根の両肩部分をカッターで大まかに削り、紙やすりで仕上げます。
思い切り削りたいのですが、削ると部屋中に木屑が舞います。
なので窓を開けて換気するのが必須なのですが、今日は天気が悪く、寒いのでここまでとしました。

つづく。


1日空いて、「その2」の続きです。

DSCF9700
側板内貼りの両端は、前面内貼りの両端と一体になっています。
前面は円筒状にカーブしているので、曲げ癖を付けます。

DSCF9701
前面です。
型紙は、印刷した後で前面パーツの向きが紙の目に逆らっていることに気付きました。
これではうまく曲げられないうえ、強度が損なわれる可能性があります。
なので、紙の目に沿った方向に合わせて切り出しました。
(普通紙に試し刷りしたものから前面パーツの部分を切り取り、ペーパーボンドで型紙に貼り付け、切り抜いてから剥がしました)

前面パーツの両端は、側板の一部になります。
ところが、この部分が、ステップ部分の形と合っていないことが発覚しました(仕上がりへの影響はなし)。
なので、配布中の型紙は、その個所を修正しました。
kiha07_ver2
JW-CAD形式はこちら(Googleドライブに飛びます。「プレビューできません」と出ますが、そのまま「ダウンロード」をクリックしてください)

DSCF9703
完成した、側板・前面パーツの様子です。
このパーツに光を当てると、列車の側面の形の影ができるので、それが楽しいです。

DSCF9704
側板と前面を組み合わせます。
最初は、それぞれ1つずつ組み合わせ、これを2組作ります。

DSCF9705
そして、両者を組み合わせます。
これで車体になりました。

DSCF9707
前面の窓サッシを取り付けます。
最初は1つずつ分割して取り付ける予定でしたが、つながったままでもいけそうだったので、折り曲げてだましだまし位置を合わせて接着しました。

DSCF9708
これで車体が組みあがりました。
これから補強材を入れ、バルサで屋根を作ります。

つづく。

 

昨日の続きです。

お断りしておきますが、私の模型はそんなに大層なものではありません。
プロが見ればふざけた出来です。
プレバトだったら先生にボロカスに酷評されるレベルです。
過度な期待はしないでください。あと、部屋を明るくしてt(ry 

自虐はこれぐらいにして、本日の進捗状況を
DSCF9694
連結器です。
これで、あとから作るのが億劫なパーツはできました。
ここから車体の制作に入ります。

DSCF9696
窓を切り抜きます。
ドアの窓の四隅と、ドアの上辺の両端は、角に丸みが付いているので、先に彫刻刀で押し切っておきます。
それからカッターまたはデザインナイフで直線部分を切ります。

DSCF9697
ドアのプレス部分は、ボールペンでなぞってへこませておきます。

DSCF9698
側面の窓の切り抜きが終わった状態です。

DSCF9699
外張りと内貼りを貼り合わせます。
これで一気に車両っぽくなりました。

今日はここまで。
次回へ続く。

このページのトップヘ