鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

「まいてつ」のキハ07sを作る企画その8です。

遂に完成となりました。

昨日の状態から、完成に至るまでを追います。

DSCF9770
屋根を塗装します。
明るい色にしたかったので、下地と同じサーフェイサーで済ませました。
影になって見えづらいですが、連結器の取り付け部分も黒く塗っています。

DSCF9771
塗装が完了した車体です。

DSCF9773
前面の窓サッシに銀色、Hゴムに黒を塗ります。
銀は「ガンダムマーカー」、黒は「マッキー極細」です。

クレオス ガンダムマーカー 塗装用 GM05 ガンダムシルバー

価格:206円
(2016/3/21 22:42時点)
感想(1件)



DSCF9775
窓ガラスを入れます。
素材はOHPフィルムです。

【送料無料】コクヨ OHPフィルム・インクジェットプリンタ用 VF-1101N 【jan 4901480019543】

価格:1,070円
(2016/3/21 22:46時点)
感想(30件)


*OHPフィルム OHP(オーバーヘッドプロジェクター)で使用するフィルム。
これに書いて、OHPでスクリーンに投影する。会議や授業などで用いられる。
最近はパワーポイントに取って代わられている。
私が模型に使用しているのは、数年前、ホームセンターで投げ売りされていたものです。

DSCF9777
前面のディティールパーツを取り付けます。
テールライトは、見えづらいですが赤い円盤が付いています。

DSCF9780
床板をはめ込み、台車を取り付けます。

DSCF9782
最後に、ヘッドマークを取り付けます(画竜点睛)。
ヘッドマークは、公式のCGを見ながら、MS-Paintでそれっぽく描きました。


そして、制作開始から12日。
遂に完成です。

 DSCF9786

DSCF9787

DSCF9789

DSCF9794
忘れてはいけない、ハチロクとの並び。

DSCF9801
公式との比較。


これまでご覧になってくださった皆様、興味を持っていただきましてありがとうございます。

尚、ギャラリー的な記事を後日投稿する予定なので、「キハ07sを作る企画」は今回で完結ではありません。

2日空いて、ゲーム「まいてつ」のキハ07sを作る企画、その7です。

DSCF9751
ベンチレーター(通風機)を作ります。
たまたま手元にあった、工作用紙の切れ端を使いました。
四隅のカーブは彫刻刀で押しぬきます。

DSCF9753
量産したベンチレーターです。
細かいパーツに紛失はお約束なので、2個余分に作りました。

DSCF9755
車体に取り付けます。

DSCF9756
ディティールパーツが全てついたので、全体にサーフェイサーを塗ります。

【4973028519884】GSIクレオス SF286 Mr.サーフェイサー1200

価格:270円
(2016/3/20 22:45時点)
感想(2件)


使用したのは、こちらの『Mr.サーフェイサー1200』です。

DSCF9757
次に、クリーム色の発色をよくするために、『Mr.ベースホワイト 1000』を塗ります。

Creos MR.HOBBY SF283 Mr.ベースホワイト1000 工具・塗料

価格:229円
(2016/3/20 22:47時点)
感想(0件)


 
DSCF9758
乾燥時間を利用して、床下の機器類を作ります。
これは多分変速機です。

DSCF9761
完成した機器類にもサーフェイサーを塗ります。

DSCF9763
クリーム色を塗ります。(筆塗り)
実際はクリーム色1号だと思うのですが、「鉄道カラー」が私の行動範囲では入手できないので、Mr.カラーの「タン」を使用しました。

【プラモデル塗料】クレオス Mr.カラー C44 タン

価格:165円
(2016/3/20 22:52時点)
感想(0件)


[鉄道模型]グリーンマックス GREENMAX SP-5 GM鉄道カラースプレー クリーム1号 【税込】 [GM SP-5]【返品種別B】【RCP】

価格:518円
(2016/3/20 22:53時点)
感想(0件)



DSCF9764
赤を塗るので、上半分をマスキングします。
 
DSCF9767
赤は、手元にあったアサヒペンのスプレー(クリエイティブカラースプレー ファインレッド)を使用しました。
こうして見ると、名鉄のモ510みたいですね。

表面の段差がある部分はテープが浮くので、そこから塗料が入り込むのはお約束です。
なので、マスキングテープをはがしてから修正します。

DSCF9768
床下・台車・連結器も塗装します。
こちらは、手元にあったダイソーのスプレーを使用しました。

DSCF9769
マスキングテープをはがしたら、奇跡的に赤の入り込みはありませんでした。
なので、塗装の修正はなしです。

この調子だと、多分明日完成するでしょう。

つづく。


私のブログは便所の落書きです。
書かれている内容は愚かなものばかりです。
低レベルな記事を書き込む私は不心得者です。

自虐はこれぐらいにして、「まいてつ」のキハ07sの制作、3日ぶりの報告です(理由は後述)。 

前回は、パテを塗ったところで終わりました。
DSCF9733 - コピー
1日置いてパテが硬化したら、紙やすりで全体を磨きます。
かなり細かいカスが散るので、袋の中で磨きました。

そして、そこへ前回よりも薄めに溶いたパテを塗り重ねます。

「パテを塗る→乾燥→紙やすりで磨く」は合計3回繰り返します。
なので、3日も間が空いてしまったのです。

DSCF9735
3回目のパテを磨いて、下地処理が終わった車体です。

DSCF9736
ウインドウヘッダー、ウインドウシル、雨樋を取り付けます。

型紙の余白を幅1mmほどの帯状に切り出し、車体に貼ります。
まず、取り付ける場所に薄くボンドを塗ります。
紙の帯の片端を押さえ、もう片方の端を引っ張り、ピンとさせた状態で接着します。
ドアと重なった部分はあとから切除します。

DSCF9737
ウインドウヘッダー、ウインドウシル、雨樋、そしてライトを取り付けた状態です。
ライトは、丸棒と爪楊枝です。

 DSCF9739
公式のCGと見比べてイメージの確認です。

本日はここで時間切れです。

ご覧いただきましてありがとうございました。

つづく。 
PCソフト まいてつ[Lose] (あみあみ 様より) PCソフト まいてつ&ものべの 仲良しセット[Lose](あみあみ 様より)

「まいてつ」のキハ07sを作る企画5回目です。

 DSCF9724
屋根板の先頭部分も削ります。

 DSCF9725
ある程度形が整ったら、車体に接着します。
ここでは短時間で強力に接着できる、ゴム系接着剤を使用します。
そして、全体を見ながら紙やすりで形状を調整します。

DSCF9727
前面の窓の間の細い部分は、あとあとの作業中に力が加わって変形する危険があるので、瞬間接着剤を滲みこませて硬化させます。
また、前面の窓サッシは1段であることに気付いたので、切除しました。

DSCF9728
下地を整えるため、全体の表面にパテを塗ります。

タミヤ パテ(ベーシックタイプ)

価格:270円
(2016/3/14 23:01時点)
感想(0件)

パテはこちらの「タミヤパテ」を使用しています。
多めのパテに薄め液を少し加えて濃い目に溶いて塗ります。
パテの硬化には約丸1日かかるので、今日はここまで。

続く。


「まいてつ」のキハ07sを作る企画(いつから企画になった?)4回目です。


DSCF9713
先頭部に補強を入れます。
この補強は、キハ07形の最大の特徴である、半円筒形の先頭部の形を固定する重要なものです。
円形に切り出したバルサ(厚さ2mm)を半分に割って半円にして接着します。
(下側の補強は2枚重ねてある)

DSCF9714
車体の裾と上辺に角棒を接着して、側面の補強をします。

DSCF9715
続いて横方向の補強を入れます。
ここまで補強すると、落としたぐらいでは壊れません。
(極端な話、階段から蹴り落としても変形しません)

DSCF9716
屋根は、厚さ5mmのバルサで造ります。
まずは車体に合わせて大まかに切り出します。

DSCF9717
屋根板は、車体と合わせてイメージを確認しながら削るので、内側に短く切った角棒を接着して着脱できるようにします。

DSCF9720
まずは屋根板の先端を、先頭部のカーブに合うように削ります。

DSCF9721
屋根の両肩部分をカッターで大まかに削り、紙やすりで仕上げます。
思い切り削りたいのですが、削ると部屋中に木屑が舞います。
なので窓を開けて換気するのが必須なのですが、今日は天気が悪く、寒いのでここまでとしました。

つづく。


このページのトップヘ