鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や雑記、たまに発達障害の話題も。

以前YouTubeで、ティッシュ箱でHOゲージを作る動画を見て、自分もやってみたいと思いました。

というわけで、今回は「ティッシュ箱で路面電車を作ってみた」というお話です。
(パッケージデザインを生かした工作ではなく、単に紙として再利用するというものです)

今回模型化したのは岡山電気軌道1000形。
元秋田市電モハ200形で、廃車となった現在は7100形に機器が流用されています。

ここからは淡々といきます。

尚、今回は雰囲気重視で作っているので実際とは異なる点が多々ございます

DSCF6004
ティッシュ箱です。

DSCF6006
開きます

DSCF6007
ケガキします。
寸法は以前作った都電6000形をいじったものです。
岡山電気軌道1000形(秋田市電モハ200形)は都電6000形の同型車的なことが言われることがありますが、結構違います。

DSCF6025
切り抜いて貼り合わせます
ティッシュ箱は紙が厚くて若干切りづらく、印刷面はボンドがくっつきにくいのでいつもとは勝手が違います。

DSCF6029
屋根はダイソーの板材を使用。
削って取り付けたらサーフェーサーを塗ります。

DSCF6051
台車を作ります。
車軸(竹ひご)以外はティッシュ箱です。ここまで作りこむのはレアです。

DSCF6065
特徴的な石津式パンタグラフは雰囲気のみでの再現です。
(実際は下段に対になった小さいパンタグラフがある)



DSCF6064
床板は、家にあった揖保乃糸の木箱のフタを使用

DSCF6069
機器類は、余白を貼り重ねたレリーフ状のものをそれっぽく作って取り付け

DSCF6070

DSCF6071
というわけで、図画工作のノリでちゃちゃっと完成しました。

塗装はMr.カラーの[51]薄茶色と[59]オレンジ(橙)です。
青帯は折り紙を貼っています。

またティッシュ箱があったら何か作りたいです(小並感)


↓触発された動画

間が空きましたが、去る9月13日にEF66が完成しました。

今回は、9月7日~13日の完成に至るまでの作業の様子をご紹介いたします。


DSCF5870
台車に付け忘れていたステップを取り付けました。

DSCF5871
屋根にランボードなどを取り付けました。


DSCF5881
手すりや解放テコを取り付けます。
穴をあけてコの字に曲げた紙紐を挿すだけです。


DSCF5886
パンタグラフのバネを作っているところですが、もはやグダグダです。


DSCF5887
で、完成したパンタグラフです。
関節を作るのは諦め、ただ折り曲げただけで表現しました。

DSCF5889
屋上の配管やアンテナ類を取り付けますが、これもグダグダ。
配管は4本幅に切れ目を入れてカーブさせるという、今思い返せば紙紐のメリットを生かさないやり方です。(プレバトだったら凡人判定以下は間違いないでしょう)

DSCF5890
かなり分かりづらいですが警笛(のはず)です。

DSCF5894

DSCF5895
ワイパー、自動連結器も作ります。

DSCF5898
ディティールパーツを取り付けた前面。
あとはナンバーです。

DSCF5899
ナンバープレートです。
1文字ずつ紙紐を曲げて貼っているのですが、最も厄介なのが「6」。
1本幅のままだと曲げにくいので、1本幅をさらに細くして0.6本幅ぐらいにしています。

DSCF5900
側面は実車と同じく、車体に直接取り付けます。

DSCF5902
前面にナンバープレートを取り付けます。
ナンバープレートが最後なのは、画竜点睛とするための変なこだわりです。

以降は完成写真です



DSCF5903

DSCF5906

DSCF5907

DSCF5908

製作期間は45日の長丁場となりました。(作業してない日もあります)

長期にわたる製作記事にお付き合いいただきありがとうございました。


もうしばらくは紙紐は結構!というわけで、今は放置中だったクハ76(工作用紙製。HOスケール)を仕上げています。

半月ほど間が空いてしまいました。

8月24日~9月5日までの作業の様子です。


DSCF5820

DSCF5824
盛り上がった形状が特徴の、運転室の屋根は、スチレンボードを削って作った型に巻き付けて作ります。
但し、実車とは違う形状になってしまいました。
運転室内が破損した際の修理を考慮し、細く切った両面テープで取り付けます。

DSCF5831
その2で工程を紹介した車輪と台車枠を組み合わせて台車を作ります。
車輪は「一応回る」程度で、安定性はありません。

DSCF5836
砂箱です。
地味に複雑な形状で、しかも12個も作らないといけないので面倒です。

DSCF5840
ディティールパーツを取り付け終わった台車です。
ディティールは、手持ちのNゲージと、幡生のイベントで撮影していた写真を参考にしました。

DSCF0518
こちらが参考にした写真。2009年11月7日、下関総合車両所の一般公開にて。
WikipediaのEF66のページにも同日同所、同アングルで撮影された台車の写真がありますが、この写真は管理人が何の気なしに撮影したものです。(まさか何の気なしに撮影した写真が役に立つとは)

あ、ステップ作るの忘れてました


DSCF5841
台車を車体本体に取り付けます。
ディスプレイモデルなので台車は首を振りません。
空気ばねのパーツにボンドを付けて直接固定しています。


DSCF5851
スカートを作ります。
過去に1/80で作ったEF66の設計をそのまま流用しました。

DSCF5856
スカートも車体に取り付け。
やっと格好がつきました。

今回はここまでです。

前回から間が2週間も空いてしまいましたが、お盆休み中は作業を休んでいました。
というのも、100均では売っていない色のバンドを楽天で注文して、届くのを待っていたのです。

今回の記事では、8月10日~23日までの作業の様子をご紹介します。

DSCF5772
こちらが楽天で購入したバンドです。
生活圏にある手芸店では1巻きで800円以上しましたが、楽天で探すと1巻き10m、200円前後で売っていたので、楽天ポイントで購入しました。
今回は、「しろねずみ」と「パステルグリーン」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラフトバンドパステルグリーン
価格:242円(税込、送料別) (2020/8/24時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラフトバンド(1.5cm幅 10m巻)グレー
価格:242円(税込、送料別) (2020/8/24時点)


この2色の出番はのちほど。


DSCF5773
ようやく側板です。

DSCF5774

DSCF5775

窓は、バンドを一旦切り離してコの字に切り取ってから再びくっつけます。

DSCF5776
いちばん外側の板ができました。



DSCF5777
裏面に、バンドを縦向きに貼っていきます。
但し、窓周りの傾斜した部分の裏には貼りません。

DSCF5788
表側には1本幅を間隔をあけて接着してルーバを表現します。

DSCF5797
ここで、グレーのバンドの出番です。
側窓のHゴムは、グレーの1本幅で縁取ります。

DSCF5813
扉を作ります。
内側はパステルグリーンにします。

DSCF5814
側板の内側に、窓となるプラバンと、パステルグリーンのバンドを貼ります。
これで側板は3枚重ねになりました。
奥に見えていますが、扉は先に運転室後方に取り付けています。

DSCF5815
黒のバンドを3枚重ねて床板を作ります。

DSCF5816
運転室と側板を接合します。

DSCF5818
床板も組み合わせて箱にします。
屋根を取り付けるための梁を付けます。

DSCF5819
グレーのバンドで作った屋根を載せます。
やはりOスケールはSUGOIDEKAIですね。

今回はここまでです。








クラフトバンドは一時休憩。
思い出したように路面電車の ペーパークラフトの新作を公開いたします。

今回は、阪堺電気軌道の最新鋭、1101形です。

hankai_1101_1

↑保存・印刷して組み立てましょう。

阪堺電気軌道1101形電車(はんかいでんききどう1101がたでんしゃ)は、2020年3月28日から営業運転が開始された[1]、阪堺電気軌道が保有する路面電車車両である。

阪堺電気軌道の超低床型車両の増発に対応するため導入された。基本的な設計は1001形に準拠しており、車体断面は同形式と同一である。
(Wikipediaより)



Tips


組み立て方は、以前公開した富山地方鉄道T100形と全く同じなので割愛させていただきます。

完成例

DSCF5760


このページのトップヘ