鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

前回に引き続いてSimutrans日記です。
名鉄っぽい宗谷鉄道は整備がひと段落したので、別の鉄道会社に移りました。

今度の鉄道は、渋谷島中部~西部に路線を持ちます。
社名は「ソウルワーカーメトロ」です。
元ネタは、管理人が一時期プレイしていたネトゲ(姉妹ブログ参照)のタイトルにソウルメトロを引っ掛けたものです。
「メトロ」とありますが、ソウルメトロだけではなくKORAIL(韓国鉄道公社)もモデルにしています。

swm01
路線はこんな感じです。

で、渋谷周辺の拡大図です。
swm02

星花涼宮≒清凉里(チョンニャンニ)
姫野王寺≒ソウル駅
龍崎≒龍山(ヨンサン)
ゲヘナ≒永登浦(ヨドゥンポ)
遊佐≒九老(クロ)
観束(みつか)≒仁川(インチョン)
涼月≒餅店(ピョンジョム)
凰(ファン)≒天安(チョンアン)
1号線≒ソウルメトロ1号線
姫多摩線≒京釜線
姫観線≒京仁線
的なポジションです。(あくまでも架空です。再現プレイではありません)

主に、ソウルの首都圏電鉄1号線をモデルにしています。

使用車両は、韓国風(あくまでも雰囲気だけ)の車両を自作・改造で用意しました。(現状で配布の予定はございませんのであしからず)
korail01
korail02
通勤型とソウルメトロは自作、機関車はサイコ氏のアムトラック、長大型客車は713氏の485系、リミット客車は纈纐検車氏の683系、KTX-Ⅰは公式のTGV-PSEを改造させていただきました。

韓国の鉄道は、海外の鉄道の中でいちばん好きです。
うまく表現できませんが、日本の鉄道に似ているところもあれば、アメリカやフランスの車両もあり、さらには雑多な編成の列車(主にムグンファ号)もありと、若干ディープな感じが好きです。

セマウル号とムグンファ号は3年前に作成したものの、描画位置をミスって調整が面倒なので放置してしたものをリメイクしました。
通勤型とソウルメトロは約2年前に作成したものの使用する機会が少なかったのです。
そして、これらのアドオンに日の目を見せるため、オリンピック開催にちなんで韓国風の鉄道を作ったというわけです。
(このマップは異世界という設定であり、実在するどの国にも属さないという設定です)



沿線各地の紹介です。
simscr39
地下鉄1号線。
渋谷市中心部を東西に一直線に横断しています。
駅名はほとんどが設置時のままですが、気が向いたら改名したいと思います。
星花涼宮から先は延伸する予定があります。

simscr34
姫野王寺駅。
起点となるターミナル駅です。電車線は地下に地下鉄と共同の駅があります。
SSでは未設置ですが、駅の奥に巨大な運転区があります(上記の車輌紹介の画像の場所がそれ)。

simscr38
龍崎駅。
電車線の地下鉄に直通しない系統はこの駅発着です。


simscr37
遊佐駅。
姫多摩線と姫観線が分岐する巨大駅です。
龍崎~遊佐間は複々線の電車線(緩行線+快速線)と複線の列車線の三複線となっています。

simscr41
前述のとおり、電車線は緩行線+快速線の複々線ですが、内側線の列車と外側線の列車が別々の区間で快速運転をする千鳥停車を行っています。
モデルとなった首都圏電鉄1号線では、急行(JRでの快速に該当。本マップでも「快速」として運転)の運転区間が各駅停車よりも短く、それをSimutransで再現すると、各駅停車にばかり客が流れ、快速が赤字になる可能性が極めて高いので、千鳥停車としたのです。
尚、首都圏電鉄1号線に倣い、地下鉄1号線と姫多摩線・姫観線の電車運転区間は一体の路線という扱いです。

simscr40
姫観線の終点、観束周辺です。
内側線の列車は、1つ前の東観束で折り返します。

simscr42
姫多摩線の涼月(すずつき)駅周辺。
地下鉄直通列車はここが終点。
車両基地への線路を利用した博多南線的な支線があります(元ネタは餅店基地線の西東灘駅)。

simscr43
姫多摩線と姫蒼線の分岐点。
急行(ムグンファ号に相当)は、姫野王寺~蒼龍と蒼龍~多摩中央の2系統があります。
前者は速達タイプと各駅停車タイプがあり、各駅停車タイプは電車が運行されていない区間の各駅に停車します。

simscr44
姫蒼線の終点、蒼龍駅。
右端は留置線です。
今後、各社が乗り入れるターミナル駅になる予定です。
空港連絡のバスがあり、空港からは前回紹介した翔鶴空港への路線があります。

simscr45
姫多摩線の終点、多摩中央駅。
市街の地下に直接乗り入れています。


さて、今回はここまでです。
KTXに相当する高速鉄道はまだありませんが、今後の動向を見て建設予定です(多分、大部分が新幹線と共用になると思います)。

現在は、JR相当の会社の路線を整備中です。





唐突に始まりました、Simutransプレイ日記です。
前々から若干の構想があったので、思い切って始めました。
まあ、気まぐれ更新で、続くかどうかもわかりませんが。

sibuya002
さて、こちらが今回プレイしているマップです。
地形ファイルは自作で、2400マス四方という大きなマップです。

ダウンロードはこちら(Googleドライブ)

便宜上、主要な島には画像のように名前を付けています。
メインとなるのは渋谷島(しぶやじま)宗谷島(むねたにじま)です。
「宗谷」は某ついてない副長よろしく「むねたに」と読むので要注意です。



さて、現在の開発状況です。
前々から名鉄の車両を走らせたかったので、宗谷島に名鉄リスペクトの私鉄を敷設しました。
社名は宗谷鉄道です。
mr001
路線はこんな感じです。
宗谷本線(誰が何と言おうと「むねたにほんせん」です)≒名古屋本線
篠崎線≒犬山線
獅童線≒豊川線
鳳翔線≒常滑線
秋津洲線≒河和線
岩川線≒西尾線or三河線
中静線≒津島線
伊吹≒豊橋
湊≒東岡崎
獅童≒豊川稲荷
遊王子(ゆうおうじ)≒国府
浦風≒知立
岩川≒碧南or吉良吉田
検見崎(けみざき)≒神宮前
芦屋≒金山
宗谷≒名古屋
鳳翔≒常滑
翔鶴空港≒セントレア
秋津洲(あきつしま)≒河和or内海
星ヶ淵≒須ヶ口
住之江(都市名は「澄之江」)≒一宮
四葉神(しばがみ)≒岐阜
蛍塚≒岩倉
篠崎≒犬山
羽川原(うがわら)≒新鵜沼
中静≒弥冨
と思っていただければOKです。
再現プレイではなく、それっぽいプレイです。

車輌は2200系や3300系のような最新の車両から、ナマズやいもむしのような旧型車、さらにはモ780やモ880のような路面電車まで幅広く運用されています。

simscr23
本線の起点の伊吹駅です。他社の乗り入れが準備されています。
宗谷鉄道のホームは1面2線。チューズシグナルでやりくりしています。

simscr24
沿線第2の都市、浦風です。
市内には路面電車が2路線あります。
ここから市域の東部に回り込む路線(三河線・豊田線に相当)が計画されています。

simscr25
中心となる宗谷駅。
名鉄名古屋リスペクトで、3面2線で、待避・折り返しはできません。
その下には地下鉄があり、名古屋市営地下鉄5000系が運行しています。

simscr26
宗谷市から南西側。
枇杷島分岐点や須ヶ口、上小田井っぽい駅が見えます。
上側に見える団地には、ガイドウェイバスの「ゆとりと言うなライン」が運行しています。

simscr27
蛍塚駅周辺。
ニュータウン桃華台(ももかだい)を結ぶ「桃華台新交通ラヴィアンライナー」があります。
元ネタはもちろんピーチライナーですが、アドオンを持っていないのでニューシャトルの車両が走っています。

simscr28
篠崎周辺。赤棒が気になり始めたころです。
篠崎市内には、環状線で新交通システムが運行されています。
篠崎遊園駅からは動物園とを結ぶモノレールがあります。車両は自作の姫路モノレール(未公開)を使用。
遊園地、動物園、城はpak.nipponのソースを落としてきて手動でリサイズしました。(resizeobjの使い方がよくわからない)


simscr29
四葉神周辺。
四葉神市域には一方通行で環状運転する路面電車が1系統あります。
宗谷本線の終点となる四葉神駅は頭端式5面4線で、特急列車は一旦検車区に回送して時間調整したのち折り返します。

simscr30
翔鶴空港。
思いっきりセントレアがモデルです。
現在はマップ中部(渋谷島南東部)の蒼龍空港を結ぶ路線しか就航していません。


現在はこんな状況です。
宗谷鉄道の整備はひと段落したところで、あとは他社路線の整備に合わせて接続路線をその都度建設します。

次はまた新会社の路線を敷設します。

本年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

毎年1月2日は、小倉に買い物に行きます。
昨年10月に、小倉あるあるCityに行ったとき、「電車でGO!!」が稼働するという告知を見たので、昨日体験してきました。
アーケードゲームはもう10年以上ぶりです。
今回は、「電車でGO!!」のレポをご紹介いたします。但し、撮影はできませんでしたので、文章のみでお送りいたします。

筐体に本気を見た

筐体はこれまでとは一線を画するスタイルで、三方に仕切りがあり、画面も3面と、訓練用シミュレーターの様相です。
運転台も、E231系などの、JR東日本の通勤型電車を模した左手操作のワンハンドル式です。
計器類は運転台正面の液晶画面(タッチパネル)に表示されるグラスコクピットです。
路線選択も、そのタッチパネルで行います。

従来のシリーズ通りには遊べない

従来のアーケード版「電車でGO!」シリーズは、料金を投入すると、好きな列車を選択でき、「時間切れ」(ゲームオーバー)になるまで運転できました。

が、それが頭にある状態で開始したので混乱が起きました。
本来は「NESiCA」なるカードが必要らしいのですが、なくてもできるらしいので、「NESiCA」を使用せずにプレイすることに。

チュートリアルを飛ばし、デイリーミッションの中から運転したいダイヤを選択しようとしたら、「NESiCAがないのでプレイできない」という趣旨のメッセージが。
ひとまずキャンセルしたものの、代金返却は不可能!

最近のアーケードゲームは全くノータッチなので痛い目を見ました。
店員さんに聞いて、「NESiCA」を購入してようやくプレイにこぎつけました。

さて、この「NESiCA」とは、端的に言えばタイトーのアーケードゲームでプレイヤーの情報を登録・保存するICカードです。
参照:http://nesica.net/
Wikipedia NESiCAxLive

この「NESiCA」は専用の自販機で300円で購入します。
つまり、初回はプレイ料金とは別個にNESiCA代300円がかかります。

最初は必ずチュートリアルから

NESiCAも購入できたので、ようやく「乗務開始」となりました。
先ほど選択できなかったミッションも選択できるはずと思ったら、また選択できません。
店員さんに聞いたところ「多分段階を踏まないといけない」とのこと。

つまり、NESiCAの有無にかかわらず、チュートリアルから始めなければならなかったのです。

チュートリアルは、「電車でGO!」シリーズをやってきた方にはおなじみの「入門編(入門モード)」です。
区間は山手線の原宿~渋谷間。
鉄ちゃん(でいいですよね?)のチュートリアルに従って運転を進めます。

マスコンハンドルは、握りについている銀色のボタンを、親指で押し込みながら動かさなければ力行に入りません(ブレーキ操作の際は押さなくてもよい)。
動き出すと、訓練用シミュレーター同様、Gの変化が再現されています。
CGも息をのむ美しさ。前方の空には飛行船が飛んでいます(もちろん動いているのは言うまでもない)。


速度制限は、山手線がATCなので、1km/hでも超過するとブレーキが作動します。
そして、やはりおなじみの「隠し警笛」もあります。本作では、鉄橋、作業員、沿線の鉄道ファンなどに警笛を鳴らすと加点の対象となります。
成功すると、対象物が緑に光り、見落とすと赤く光ります。ここでいう「鉄橋」とは、実際ではいちいち警笛を鳴らさない、通りをまたぐ小さなガーター橋のような橋も対象なので見落とし注意です。

駅停車後は、もちろんお馴染みの、停車リプレイからの運転評価です。

運転評価の項目には、何と「込め直し」や「対向車への減光」などもあり、驚きました。
そして、区間を通してのリザルトもあります。
路線を俯瞰した地図上を追っていく形になるのですが、その地図は路線だけではなく周辺の道路や建物、町名も書かれていて驚きました。

と、ゲームシステムが大幅に変わっているので、過去作のプレイ経験があってもチュートリアルは必要です。

デイリーミッション「晴れた日の昼下がり」原宿~目黒


YouTubeに今回やったミッションの動画がありました。


デイリーミッションは最大4区間までしか運転できません。
今回は、原宿~目黒間の運転です。最初の区間は前述のチュートリアルと同じです。

発車するとほどなくして湘南新宿ラインのE231系と並走するのですが、何と、左の画面に出会った車両の情報が表示されます。
まあまあな運転で渋谷到着。
ここ約5年は、運転シミュレーターはBVEばかりやっているので、リアルタイムで評価される「電車でGO!」ではブランクを感じます。

渋谷発車時、発車メロディーが流れるのですが、何と、右の画面に曲名と作曲者が表示されるのです!
ここまでの徹底ぶりにまた驚きました。

そして、列車は目黒に到着。
問題なく目標点をクリアでき、ミッションクリアとなり、「難易度:中級」が解放されました。

正月なので、「乗務終了」の画面で鉄ちゃんが「あけましておめでとうございます」と言っていました。



どのジャンルでも、ゲームの進化というものはすごいものです。
電車でGO!がその進化をしたら、まさに究極の運転シミュレーションゲームとなり、各所で驚きがありました。
これはもはや、「訓練用シミュレーターをそのままゲームにした」と言っても過言ではないでしょう。
2004年に発売された「電車でGO!FINAL」は、「ゲーム機が進化しなければ、これ以上良いものは作れないから終わる」という意味でしたが、それから13年でここまで進化するとは想像しえませんでした。
まさに「夢のマシン」です(21年前のレイルマガジンで「電車でGO!」の誌面初登場となった投稿記事の見出しが「夢のマシン」だった)。
管理人はアーケードゲームをまったくやらない人ですが、通ってプレイしたいぐらいです。

未体験の方はぜひ、この究極の電車でGO!を体験してみてください。




DSCF3249

今年の秋ごろからは路面電車ばかり作っていました。
そこで今回は、その秋から作っていた路面電車群を紹介して、今年の記事の締めくくりとしたいと思います。
(修理に出していたPCは、月初めに復旧しました)

さて、今回制作した路面電車は次の通りです(トップの写真左から)。

札幌市電D1040形
札幌市電M1000形+Tc1形
東京都電6000形
名古屋市電1400形
広島電鉄750形766号 西部警察PART-Ⅱ「にしき堂号」
広島電鉄570形
(以下、写真に写っていない車両)
茨城交通水浜線 123号(縮尺を間違えたので黒歴史となりました)
土佐電気鉄道600形 ジャパリバス風塗装(フリー)


制作にあたっては、ネット上で見つけた図面をもとに型紙を作成しました。
車体はケント紙(先頭部の屋根はバルサ)+木材補強といういつも通りの構造です。
「それらしく見えればいい」というコンセプトのもと、若干デフォルメして作っています。

●札幌市電 D1040形

DSCF3252

「路面電車」を紹介と言いながら、いきなり気動車です。(初代「電車でGO!」みたいだ)
世にも珍しい「路面気動車」ということで、ネタ枠として制作しました。
特徴的な前面は難しそうでしたがなんとかそれっぽく作れました。

塗装は、塗料の選定にかなり悩みましたが、ベージュは手元にあった「セールカラー」、緑は「コクピット色(三菱系)」としました。
が、緑が濃すぎました。

●札幌市電M1000形+Tc1形

DSCF3251

こちらも路面電車では珍しい増結用のTc車です。
M1000形は現役ですが、Tc1形と連結運転されていたころを再現しました。
M1000形は、公民館の文化祭に出展するために先に完成させていましたが、このほどTc1が完成し、晴れて「親子電車」を再現できました。

●土佐電気鉄道600形 ジャパリバス風塗装(フリー)
DSCF3253
今年ちょっとしたムーブメントとなった、アニメ「けものフレンズ」に登場する「ジャパリバス」を路面電車にしてみました(もちろん架空の塗装です)。
完全な架空車両にせず、実在車両に塗装しているのがミソです。
あくまでも「風」の塗装なので、完全再現とはなっていません。

車体は、手元にボロボロで放置されていたハセガワの土佐電600形「NOVA号」のプラモ(ディスプレイモデル。20年前のもの)を採寸して型紙を起こしました。
結構グダグダな工作になってしまったので改良の余地ありです。
標準色やNOVA号、桃太郎電鉄も作ってみたいです。



DSCF3254

●広島電鉄750形766号 西部警察PART-Ⅱ「にしき堂号」(写真奥)
この車両もネタ枠です。
1982年10月放送の、「西部警察 PART-Ⅱ 第18話 広島市街パニック!!」に登場し、爆破された車両です。
ググって出てきた画像をいろいろと参考にして再現しました。
「にしき堂」のロゴは、同じくググって出てきたロゴ画像を加工しています。

●広島電鉄570形(写真奥から2番目)
現存する582号がモデルです。
570形の種車は神戸市電500形J車・K車・L車の3タイプありますが、こちらはJ車が種車のタイプです。
500形J車の図面をもとに作成したのですが、広電に来てからは神戸市電時代とは側面の配置がかなり変わっているので、それに合わせて寸法を直すのに苦労しました。

塗装は、Mrカラーの「カーキ」と「コクピット色(三菱系)」です(当初は札幌市電をこの色にする予定だったが、神戸市電の方がしっくりくる色と感じた)

●名古屋市電1400形(写真手前から2番目)
名古屋市電はこれまでまともに触れたことがない鉄軌道事業者ですが、全国の路面電車を作りたかったので作ってみました。

●東京都電6000形
全盛期の都電の代表的な車両で、各地に同型車が存在することから、管理人の中で「日本を代表する路面電車」というイメージがあります。
行先は全盛期のイメージで「澁谷駅」となっています(「渋」が旧字体なのがミソ)。
型紙を流用して、各地の同型車も作ってみたいです。


今年制作して完成した車両は26両。
来年は路面電車をメインに作っていきたいと思いますが、普通鉄道の車両も作りたいです。

今年の更新は今回で最後の予定です。
よいお年を。


おまけ
作りたいと思う車両一覧(全部作るとは言ってない)

函館市電500形
長崎電気軌道2000形
西鉄北九州線500形(A級ゲテモノ魔改造チンチン電車)
熊本市電8200形
鹿児島市電500形散水電車
都電5500形
都電7000形(旧車体)
江ノ電100形
茨城交通水浜線123号(作り直し)

西鉄6000形
キハ187系
E7系(W7系)
キハ58系(作りかけで放置中)

メインで使っているデスクトップ(Windows8.1 DELL製)が故障しました。
現在、ゲーム用のノートでつないでいます。

それは昨日の朝、PCを起動しようとしたときのことです。

電源ボタンを押し、画面に「ようこそ」が出ると、数秒でスタート画面になるのですが、なんと、マウスポインタ以外真っ黒な画面になりました。

すぐさま父のPCでこの症状を調べさせてもらいました。
20分ほどすると、デスクトップが表示され、常駐ソフトのアプリケーションエラーのダイアログが出ていました。

そして、動作が異常に重く、もはや使えたものではありませんでした。
また、このダイアログは数分おきに表示されました。

そこで、DELLのサポートに電話しました。
オペレーターの指示に従い、まずは強制終了→周辺機器を外して起動を行ったところ、今度はすんなりとスタート画面に進み、Chromeの起動にも成功し、復旧したかと思いきや、また動作がおかしいのです。
再び強制終了し、起動後F12連打でハードのチェックをしたところ、ハードディスクの故障と判明しました。
そして、HDDの交換修理となり、3万円前後の費用がかかるという結果に。
もちろんデータは消失しますが、幸いにも15日にバックアップを取っていたので、被害は比較的少なくて済みました。

このPCは、今から2年前、当時使っていたデスクトップ(XP。法人向けモデル)の低スペックさに我慢の限界が来て、思い切って買い換えたものです。
あと10日ほどで購入から2年を迎えようというところで突然の故障です。

思えば、今月に入ってからPCの動作が重くなり、HDDの読み書きも頻繁に行われ、さらに秋口からは画面が2秒ほど暗転する症状も出ていました。
故障前夜も、スリープから復帰するときの動作がおかしかったです(そういえば、最初に使っていたdynabookの最期もこんな感じだった)。
もしかすると、再起動中にフリーズした症状も(4月12日の記事参照)、この予兆だったのかもしれません。

調べたところ、DELLのPCは当たり外れの差が激しいらしく、「半年で3回修理に出した」という人もいれば、「10年前のPCがまだ使えている」という人もいました。



さて、PCの復旧には修理が必要になったのですが、このPCを購入したヤマダ電機は、父が長期保証(家電保)に入っており、それは家族にも適用されるため、無料で修理できることになりました。
(但し、初期化されたPCのセットアップをヤマダ電機に頼んだので、その分の費用はかかる)
もちろん、即日でヤマダ電機に持っていって修理をお願いしました。


早く修理が終わり、元のPCライフが取り戻せることを祈ります。
今度は長持ちするHDDだといいなと思います。






このページのトップヘ