鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や雑記、たまに発達障害の話題も。

今年のGWは、ノスタルジックな路面電車のペーパークラフトを作って旅に出た気分になりましょう
と言ってこんな拙作のペーパークラフトで旅に出た気分になれるなどと1ミクロンも思っちゃあいない管理人です。
今回は、アニメ「BanG Dream! 3rd Season」最終回放送を記念して、劇中に登場した都電8900形(オレンジ)のペーパークラフトです。

toden8900_1
↑保存・印刷して組み立てましょう。

8900形は2015年に登場し、8両が製造されました。
8901・8902号は、このペーパークラフトのモデルになったオレンジ、8903・8904号がブルー、2016年に入って登場した8905・8906号がローズピンク、8907・8908号がイエローと、4色の塗装が存在します。


Tips

DSCF5332a
車体の先頭部は、写真に水色の線で表した部分に切り込みを入れます。
また、先頭部は車体が狭くなっているので、オレンジと白の境目のあたりでほんの少し内側に折り曲げておきます。

パンタの組み立て方

DSCF5333
「1」のパーツと「2」のパーツがつながった状態で切り抜き、「1」のパーツと「2」のパーツの間にある水色の線で折り、裏面同士を貼り合わせます。(写真は貼り合わせたあとの状態)

DSCF5334
切り抜いて写真のように折り曲げます。

DSCF5335a
「3」のパーツ(写真に赤であらわしてある)を、写真のように取り付けます。

DSCF5336
「パンタ台」に接着し、車体に取り付けます。


DSCF5337
完成例

他の3色も制作予定です。

StayHome企画のペーパークラフト第3弾です。
今回は、昭和46年に廃止された下関の路面電車、山陽電気軌道の700形、現在の土佐電700形のかつての姿です。

sanden700_2

↑保存・印刷して作りましょう。

以前HOスケールの模型を紹介しましたが、今回は地元ネタということでペーパークラフトで作りました。

DSCF5328
作例



Tips


基本的な作り方は前回の記事で解説したものと同じですが、この車両独自の工程があるので、加えて解説いたします。

DSCF5318
屋根の先頭部は、ノリシロの谷間に入っている濃いグレーの線の位置に切り込みをいれ、写真のように曲げます。

DSCF5319
前面に丸みをつけて接着します。
最初に両端を接着し、あとから屋根の部分を位置合わせするとうまくいくと思います。
両端を接着するとき、しっかりと接着しておかないと、屋根のノリシロを接着するときに開いてしまいます。

ビューゲルの作り方

前回の都電3000形から、ビューゲルの作り方を改良しました。

DSCF5320
2つ描かれているビューゲルを、写真のようにつながった状態で切り出します。

DSCF5320a
中央の水色の線の上、右側の赤い縦線の左(写真に青い網掛けで表した部分)の裏にノリを塗り、水色の線で山折りして裏面同士を接着します。

DSCF5321
この状態からビューゲルを切り出します。

DSCF5322
切り出したビューゲルの下側(先ほど裏面にノリを塗らなかった部分)を写真のように折り曲げ、屋根に接着します。

車体広告について

今回は車体広告を収録しました。
当時撮影されたカラー写真に写っていたものをそれっぽく再現したものですが、色合いやフォントは実際通りではありません。

DSCF5323
広告は、写真のように貼ります。

DSCF5324
系統板も、写真のように貼ります。
黄色は長府駅とを結ぶ「長関(ちょうかん)線」、水色が幡生とを結ぶ「市内線」です。

前回、都電6000形のペーパークラフトを公開しました。
今回は、もっと詳しい作り方を解説いたします。

と、まずは都電3000形のペーパークラフトを公開いたします

toden3000

「都電6000形と同じじゃないか!」って?ええ、(ほぼほぼ)同じですとも。
3000形は、大正製の木造車体だったのを、戦後に6000形と同型の、鋼製の車体に乗せ換えたものです。
6000形とは寸法がほんのわずかに小さいだけで(その分扉が狭い)形状はほぼほぼ同じなのです。
このペーパークラフトも、6000形とは全長が2mmほど短いだけの違いです。

詳しい作り方

DSCF5303
車体部分を切り出します。
前面のオデコ部分は、前回のTipsでも書いたとおり、切れ込みを入れておきます。

DSCF5304a
折り曲げるときは、裏側から定規を当てて、表から指で押して曲げるようにして折り曲げます。
(写真は、照明の関係で定規が透けていますが、定規は裏側から当てています)

DSCF5305DSCF5306
前面と屋根の間にあるノリシロは、屋根側、前面側のどちらを切っても構いません。
皆様の作りやすいほうでやりましょう。



DSCF5307
屋根は、定規でしごいて丸みをつけます。
もちろん、断面が丸い棒を押し付けて曲げてもOKです。

DSCF5308
普通紙で作る場合、車体の底面に厚紙(空き箱でOK)を貼ります。
底面の寸法より0.5~1mmほど小さく切り出し、写真のように、底面の狭い側(型紙の上側)に貼り、広い側と貼り合わせます。
(前回の記事では、貼り合わせたあとから厚紙を挿入するように貼っていましたが、この方がやりやすいかと。そこは皆様のやりやすい方で)

DSCF5311
下回りも、普通紙で作る場合は上面(白い面)の裏側に厚紙を貼ります。

DSCF5312
車体と下回りを接着します。

DSCF5313a
ビューゲルを取り付けて完成です。

DSCF5314
作例 6000形6152号

DSCF5315
作例 都電3000形(仕上がり雑)

さて、今回公開した3000形ですが、左下に「車番変更用数字」というものがあります。
車番を変えたい場合は、あらかじめMS-ペイントやGimpなどの画像編集ソフトで、元の車番の上にコピペして車番を変えてから印刷しましょう。

次回作も近日公開予定です。

【言い訳】
HOスケールの都電6000形ペーパークラフトを先日公開しました。
が、作っていると、設計した本人でもめんどい&ややこしいと感じ、シリーズ化する気力が尽きてしまいました。
それと同時に、Nスケールで手軽に作れるペーパークラフトを作ることを思いつきました。

というわけで、「Nスケールで手軽に作れるペーパークラフト」ができましたので、このブログで公開させていただきます。
気まぐれでシリーズ化できたらと思いますので、今後種類が増えるかもしれません。

DSCF5284


今回は、またですが都電6000形です
↓の画像を保存し、印刷してご利用ください。普通紙でもお楽しみいただけます。
下の方に「100mm」と書かれているゲージが10cmになるように印刷すると1/150になります。
作り方や、普通紙で作る場合は、下記の「Tips」をご参考に。

6152号(一球さん 晩年仕様)
toden6152


全盛期の塗装
toden6000_1


Tips

このペーパークラフトは、1mm=4pxで作成しています。
型紙の幅は560pxなので、幅を14cmにして印刷しましょう(CADやMicrosoftOfficeなどに貼りつけて印刷するのが無難でしょうか)。

toden6000_setumei
前面は折妻が表現されています。
画像のピンクの線の部分に切り込みを入れ、水色の線の部分を軽く山折りにします。

このペーパークラフトは、サイズが小さいので普通紙に印刷してもフニャフニャになりにくいです。
写真のように、底面の内側に厚紙(空き箱でOK)を貼りつけると劇的にしっかりします。(そうしないとフニャフニャ不可避)
DSCF5276a

DSCF5278a

足回りのパーツも、白い面の裏に厚紙を貼るとしっかりします。
DSCF5279a

ビューゲルは2つありますが、これを背中合わせに貼り合わせ、台座に接着し、車体の屋根にある黒い太い縦線の上に接着します(上記作例の写真参照)。
DSCF5281

免責事項

政府の緊急事態宣言を受け、材料・道具の購入のための不要不急の外出はお控えいただきますようよろしくお願い申し上げます。

また、本記事のペーパークラフトにより何らかのトラブルや損害が発生しても、管理人は一切の責任を負いかねます。
特に、お子様が作られる場合は、大人の方といっしょに作ってください。
また、本記事のペーパークラフトの著作権は管理人にあります。無断転載、商用利用はお断りいたしますので何卒ご了承ください。

尚、SNSやブログなどでの紹介、組み立てたものを公の場所に飾る、学童保育・教育機関・福祉施設等での非営利目的でのご利用はご自由にどうぞ。

では、ペーパークラフト作りを心行くまでお楽しみください。




前回に続き、都電6000形ペーパークラフトの作り方の解説です。

ペーパークラフトの印刷がお済でない方は、こちらよりお好きなほうをダウンロードしてください。(違いは車番のみです)

6000形ダウンロード(PDF形式。Googleドライブより)

4000形ダウンロード(PDF形式。Googleドライブより)


では、組み立ての解説です。
尚、写真の作例は試作品です。公開中のものとは異なりますが、作り方は同じなのでご安心ください。

DSCF5150
1 印刷します。用紙はケント紙またはフォトマット紙など、ペーパークラフトに適した紙をおすすめします。
A4の紙に、右下の「100mm」と書かれているゲージが10cmになるように印刷するとHOスケールになります。

DSCF5151
2 「1 車体」の窓をカッターナイフで切り抜きます。直線部分は定規をあててまっすぐに切ります。
 角が丸くなっている部分はフリーハンドで切ります(半径1.5mmの彫刻刀をお持ちの方は、それで押し切ったほうが楽です)。

DSCF5152a
~窓の切り方~
窓の横の辺は、一度に端から端まで切ろうとすると、勢い余って窓の間の柱まで切ってしまう可能性があります。
横の辺は、まず途中で切るのを止めておき、あとで反対側から切ると安全です。

DSCF5155a
3  窓を透明にする場合、「2 内ばり」の窓も切り抜きます。
 先ほどと同じように、細い部分を勢い余って切ってしまわないように、写真に書かれている矢印の方向に向かって切りましょう。

DSCF5156
4 窓を切り抜くとこんな感じになります。

DSCF5157
5  折り曲げる場所に、キリや書けなくなったボールペンで、折り曲げやすいようにスジを入れます。

DSCF5163

6  窓を透明にする場合、「2 内ばり」「5 前面」を切り出したあと、裏面にプラバンを、細く切った両面テープで貼ります。パーツからはみ出した部分は切り落としておきましょう。

DSCF5165
7  「1車体」の、側面部分の裏面にボンドを薄く均一に塗りのばして「2 内ばり」を貼り合わせます。
  (扉の部分から貼ると合わせやすいです)


DSCF5168

DSCF5169a

8 「5 前面」は、窓サッシの部分が別パーツになっているので、裏側から貼り合わせます。
写真には写っていませんが、型紙の右側にある「方向幕」から、好きな行き先を切り取って裏側から貼りましょう。
さて、「5 前面」の窓ですが、写真ではパーツの幅目いっぱいまで貼ってありますが、両端の窓ギリギリ(写真に青い線で示した場所)までにしておかないと、ノリシロを接着するとき邪魔になります

DSCF5171
9 側面と屋根の境目を折り曲げ、屋根に丸みをつけます。
まず、側面部分に裏側から定規をあてて折り曲げます。

DSCF5172
そして、屋根の裏に、断面が丸い棒のようなもの(色鉛筆など)を押し当てて丸みをつけます。
パーツを棒に巻き付けるような感じにするとしっかり丸まります。

DSCF5173
10 屋根部分の裏面に中心線を記入します(写真では縦線を2本書いていますが、不要と判明いたしました)

DSCF5174a
11 「3屋根の補強」を取り付けます。
 このパーツに書かれている中心線と、先ほど記入した中心線がそろうようにしましょう。
 写真では、内側に入ったところに取り付けていますが、実際は赤い線で示した場所で大丈夫だと思います。



DSCF5175
12 「4床板」を厚紙に貼ります。
 補強のため、裏面全体に両面テープを貼り、厚紙(空き箱でOK)に貼りつけてから切り出します。

DSCF5176

DSCF5177
13  12の「4床板」を、車体の下側にあるノリシロに、写真のようにグレーの線同士を合わせて接着します。(この構造は、かつて海外サイトで公開されていたTGVのペーパークラフトを参考にしています)


【重要】試作後に修正をしたため、以後の写真と実際の組み立て後で異なるところがあります。

DSCF5248a
14  「5前面」の下側についているノリシロを、写真のように折り曲げます(あとから設計を修正したので、別の車両のものを写しています)

DSCF5179a
15 前面を取り付けます。 
 屋根の両端の黄色い部分を曲げながら、前面の上側に接着します。
 写真に書いてあるように、中央→左→右の順(中央→右→左でもよい)で接着するとやりやすいと思います。

DSCF5180
16 「5前面」の下側についているノリシロを、床板のグレーの線にそろえて接着します。
 屋根の黄色い部分とグレーの部分の境目の切り込み部分が浮く場合は、内側からボンドを盛るか、余白を帯状に切り出してテープのようにして貼りましょう。

DSCF5186
17 「6 バンパー」「7 排障器」(写真では「キャッチャー」と書いてありますが修正済み)を取り付けます。

DSCF5187
18 台車を組み立てます。「9 台車(側面と車輪)」を写真のように貼り合わせます。

DSCF5188
19 「9 台車の補強」を写真のように箱にします。

DSCF5189
20 「9 車軸」は、写真のように折り曲げ(谷折り)、2つを背中合わせに接着します。

DSCF5190

DSCF5191
21  18の台車側面に、19で箱にした補強(上に2mm飛び出させて接着)、20で作った車軸を接着します。

DSCF5192
22 台車を、床板に描かれている四角の場所(作例にはありませんが、修正したので(ry )に接着します。

DSCF5194

DSCF5195

DSCF5196
23 「10 ビューゲル」を組み立てます。写真では内側を切り抜いていますが、とても面倒なので切り抜かなくても構いません。
ビューゲル本体は2枚ありますが、裏面同士を貼り合わせ、写真のように組み立て、屋根の中心に取り付けます。

DSCF5197
24 「11ライト」を組み立てます。帯状のパーツはライトの側面です。
写真のように2つまとめて切り出し、つまようじに巻き付けて丸みをつけてから切り分けると楽です。
これをノリシロで接着して輪っかにします。

DSCF5198
25 ライトの丸いパーツを切り出し、24で輪っかにしたものを裏面に接着します。

DSCF5200
26 前面にライトとお好きな系統板を取り付けて完成です。

系統板と行先の正しい組み合わせは次の通りです
[1]   品川駅
[10] 須田町 渋谷駅
[12] 新宿駅
[13] 新宿駅
[18] 志村坂上
[27] 三ノ輪橋
[29] 須田町 葛西橋
[32] 荒川車庫 早稲田
[36] 錦糸町駅
[40] 銀座七丁目

DSCF5209
組み立てお疲れ様でした。


このページのトップヘ