個展に出品する作品として、比較的新しい車両を作りたいと思ったので、N700系の制作に着手しました。

新幹線は、半年ほど前から、個展に出品する新作の候補に挙がっていました。
形式は他に800系やH5系なども候補に挙がっていましたが、いつも自宅の窓から見ている車両ということでN700系に決まりました。

DSCF2029

DSCF2031

まず、「鉄道ファン」2005年5月号収録の図面から、先頭部の要所要所の点の座標を取ります。
図面は記入するので、コピーを取っています。

DSCF2036
CADで型紙を作成します。

先頭部の作り方にはかなり悩みましたが、書店で見た、今月の「RMモデルズ」に載っていたペーパー製の951形が、先頭部(0系に似た団子鼻)を木材からの削り出しで作られていたので、こちらも木製とすることにしました。


DSCF2037

DSCF2040
いつもと同じく、窓の四隅を彫刻刀で押し抜き、辺をカッターで切ります。
窓の四辺は、実際は緩い弧を描いていますが作業のやりやすさと、この小ささでは再現しても分からないので直線にしました。
 
DSCF2041
ドアは工作の都合から、車体の切り出し前に貼っておきます。

DSCF2051
車体を切り出しました。
この時点では、余分に切り出している部分があります。


DSCF2052
窓の上下に帯状の紙(他の車両を作ったときの型紙の余白)を貼って裏打ちします。

DSCF2055
先頭部は、厚紙を上下、左右、前後それぞれの断面の形に切ったものを組み合わせて骨組みを作ります。

DSCF2056
車体に接合します。

今回はここまでです。
次回は先頭部の工作に入ります。