JR30周年を記念して、JTBパブリッシングより刊行された「時刻表復刻版1987年4月号」を入手しました。
1890円と高価ですが、資料的価値が高く、しかも管理人が生まれる年の時刻表ということで外すことができず、思い切って購入しました。(購入したことをツイートしたら、JTB時刻表の編集長氏がいいねしてくださりました)

本記事執筆時点で、楽天ブックスではすでに品切れとなっていました。
興味のある方、ご購入はお早めに!
(この記事の一番下にアマゾンのリンクを貼っています。品切れ・高騰していても当方は責任を負いかねます)



DSCF2483
で、こちらが現物です。
表紙の100系が、何気に試作車です。
装丁は通常の時刻表と同じです。
「永久保存版」と言っても過言ではないほど資料的価値の高い本書ですが、これでは心もとないので、保存や使用には細心の注意が必要です。
隅々まで舐めまわすように読みたいという場合は、保存用と閲覧用で複数冊購入した方が良いでしょう。

路線図

開いてみると、索引地図や路線図のデザイン(特に色使い)にノスタルジーを感じます。
地下鉄路線図は、ラインカラーではなく、赤・青・緑の3色の線で示されています(実線・破線など形を変えてある)。

この時点では、現在第三セクターに転換されている路線の大部分が未転換です。
さらに、名寄本線、鍛冶屋線、上山田線などの廃止路線もまだあります。
私鉄も、筑波鉄道や片上鉄道がまだあります。

見つけられる限り書き出したものは次の通り


当時まだ現存していたJRの廃止路線(90年代前半までに廃止された路線)

標津線
名寄本線
天北線
松前線
鍛冶屋線
大社線
宮田線
上山田線
山野線
青函航路(青函連絡船)
宇高航路(宇高連絡船)

第三セクターに転換されていない路線(90年代前半までに転換された路線)

池北線(北海道ちほく高原鉄道)
長井線(山形鉄道)
会津線(会津鉄道)
足尾線(わたらせ渓谷鉄道)
真岡線(真岡鉄道)
木原線(いすみ鉄道)
七尾線(七尾以北)・能登線(のと鉄道)
信楽線(信楽高原鐡道)
宮津線(宮福鉄道→北近畿タンゴ鉄道→京都丹後鉄道)
若桜線(若桜鉄道)
中村線(土佐くろしお鉄道)
岩日線(錦川鉄道)
伊田線・糸田線・田川線(平成筑豊鉄道)
松浦線(松浦鉄道)
高千穂線(高千穂鉄道)

当時まだ現存していた私鉄(90年代前半までに廃止された路線)

同和鉱業(小坂鉄道・片上鉄道)
栗原電鉄(のちに「くりはら田園鉄道」に転換。2007年廃止)
筑波鉄道
名鉄岐阜市内線(徹明町~長良北町)
野上電鉄
下津井電鉄
西鉄北九州線(砂津~黒崎駅前)

未開業の路線(90年代前半までに開業した路線)

札幌市営地下鉄東豊線
千歳線(南千歳~新千歳空港)
津軽海峡線
秋田内陸縦貫鉄道(比立内~松葉)
仙台市営地下鉄
山形新幹線
阿武隈急行(福島~丸森)
営団(現 東京メトロ)半蔵門線(半蔵門~押上)
営団有楽町線(新富町~新木場)
都営新宿線(篠崎~本八幡)
西武有楽町線(練馬~新桜台)
東北新幹線(東京~上野)
京葉線(東京~南船橋・千葉みなと~蘇我)
京王(当時は京王帝都電鉄)相模原線(京王多摩センター~橋本)
小田急多摩線(小田急多摩センター~唐木田)
相模鉄道いずみ野線(いずみ野~湘南台)
横浜市営地下鉄(湘南台~舞岡・新横浜~あざみ野)
京成千葉線(開業時は千葉急行電鉄)
成田空港高速鉄道(成田・京成成田~成田空港。当時は現在の東成田駅が成田空港駅)
北総鉄道(開業時は北総開発鉄道)高砂~初富
住宅都市整備公団(後の都市基盤整備公団。現 千葉ニュータウン鉄道) 千葉ニュータウン中央~印西牧の原
千葉都市モノレール
京急空港線(羽田空港(現 天空橋)~羽田空港(現 羽田空港国内線ターミナル))
東京モノレール(羽田(現 天空橋)~羽田空港)
名古屋市営地下鉄鶴舞線
名古屋市営地下鉄桜通線
名古屋市営地下鉄名城線(大曽根~新瑞橋以外の区間。当時大曽根~名古屋港間が名城線。金山~新瑞橋間が4号線)
京都市営地下鉄烏丸線(京都~竹田)
京阪鴨東線(出町柳~三条)
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線
大阪市営地下鉄御堂筋線(あびこ~なかもず)
大阪市営地下鉄堺筋線(動物園前~天下茶屋)
泉北高速鉄道(光明池~和泉中央)
大阪モノレール
北神急行
京都丹後鉄道(開業時は「宮福鉄道」のちに「北近畿タンゴ鉄道」に改称)宮福線
本四備讃線(瀬戸大橋線)

と、見つけただけでこんなにあります。
しかも、90年代前半までに変化したところだけでです。
特に、青函トンネルと瀬戸大橋は開業しておらず、まだ連絡船です。

90年代後半以降にも、開業・廃止・転換された路線がもっとあるので、かなり様変わりしていることが再認識できます。



 路線図のことだけでこんなに書いてしまいました。
というわけで、現行の時刻表との比較はまた後日ということで。


昔の時刻表は、興味深くて、見ていて止まらないです。
現在の交通事情との違いが読み取れ、驚きが多いです。
この「時刻表復刻版1987年4月号」に興味のある方は、店頭から無くなる前にお早めに購入されることをお勧めします。
若い鉄道ファンの方にも、是非おすすめです。

本記事執筆時点で、楽天ブックスではすでに品切れとなっていました。
↓興味のある方、ご購入はお早めに!↓


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット