先日(と言っても半月ほど前)、放置状態だったE235系と323系を完成させました。

DSCF2421

この2両は、1月に開いた個展の会場で制作の実演をするために作ったものです。
E235系は現地で制作し、323系は車体を組み上げた状態で持ち込み、ステンレス車体のリブの表現の実演をしました。

しかし、個展終了後の解放感から、Railsimのプラグイン制作にどっぷりはまり、2か月近く放置されました。
(プラグインは低クオリティゆえ、配布予定はございませんので悪しからず)

そして、3月になってようやく作業を再開し、やっつけで完成させました。

DSCF2422

323系は、以前の227系の型紙をそのまま流用。
構造も作り方も同じです。
なので、スカートの形が違っています。

車体の塗装は銀色ぐらいで、ラインや模様はシール紙に印刷したものを貼っています。


E235系は、前面の工作を若干工夫した以外はごくオーソドックスな作り方をしています。
(↑「若干工夫」が「若本規夫」(穴子さん役の声優)に見えた)

DSCF2264
まず、前面のベースとなる部分を接合します。

DSCF2265
前面の周囲の絞られた部分をバルサで作ります。
あとは紙ヤスリで成型し、バルサに瞬間接着剤をしみこませて目止めします。

DSCF2391
リブの再現の様子。
シール紙を細く切って貼ります。
それだけで数十分~小1時間かかります。(以前作った883系など地獄でした)

DSCF2423
で、完成した様子。
JR東日本の最近の車両は、床下がダークグレー(というか若干明るい黒)なので、調色しました。
こちらも、模様はシール紙に印刷したものを貼っています。
特徴である前面のドット柄は、MSペイントでちょこちょことドット絵に描きました。
前面の絞り部分は、色合いが違うことガン無視で、手元にあったタミヤカラー(X-15 ライトグリーン)を塗りました。



と、いうわけで、東西の環状線の最新車両ができました。
最近は新しい車両の制作に挑戦し、このようなメンツとなりました。
DSCF2430
883系(前述)のみ2010年制作で、それ以外はここ1年の間に作りました。

最近の車両は、細かい所に曲面があったりして作りづらいです。
「作れそう」と思っていざ実車の写真を見返すと「ああダメだorz」となったりします。
しかし、これまでの経験から、「この車両はこうして作る」という攻略法(武井壮さんの「猛獣の倒し方」や、バカリズムさんの「都道府県の持ち方」的な)を思いつきます。もちろん、それでちゃんと作れる保証はありません。

最近登場した車両をもっと作ってみたいですが、今は151系が作りたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JR山手線の謎学 [ ロム・インターナショナル ]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トレインクッション山手線E235系(新型車両)
価格:3500円(税込、送料別) (2017/3/31時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大阪環状線
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】プラレール S-45 323系大阪環状線(おもちゃ)
価格:1940円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)