DSCF6363

突然ですが、今月に入ってから久しぶりに紙紐工作をしました。

今回作ったのは、山形交通モハ103をモデルにした木造小型電車(2軸単車)です。
(あくまでも自由形であり、モハ103を再現したわけではありません)

紙紐工作は今回3作目ですが、1作目のC12、2作目のEF66よりも形状が単純で、大きさも小さいので10日強でできました。

今回は、制作の様子を淡々と追っていきます。
材料は、グレー以外はダイソーの紙紐バンド(”ペーパークラフトバンドキット”という商品名です)、グレーは楽天で購入した紙紐バンドを使用しています。
縮尺はOゲージと同じ1/45です。


DSCF6292
2021/2/11
設計をもとに製作開始。


DSCF6293
2021/2/12
側板を組みます。寸法は紐の本数基準なので、紙紐をゲージ(スペーサー)にして組んでいきます。


DSCF6301
2021/2/14
窓サッシは、紙紐をOHPフィルムに貼りつけて作ります。


DSCF6302
両面の側板ができました(上が表側。下が裏側)。窓サッシはランダムで開閉させた状態で取り付けています。

DSCF6308
2021/2/15
側板の裏面(車内側)に扉と、内板となる茶色のバンドを貼っていきます。
床板も黒のバンドで作ります。

DSCF6309
ここで座席を取り付け。床板を取り付けるためのノリシロになります。

DSCF6310

DSCF6314
側板と床板を接合しました。車体の幅を保持するための補強(梁)も取り付けます。



DSCF6315

DSCF6321
前面は、現物合わせで構築します。

DSCF6320
かなりデフォルメしましたが、荷棚(網棚)も作ります。

DSCF6331
2021/2/18
屋根は、内装が破損した際の修理を考えて着脱式とします。
車体にピッタリ合わせるため、車体に仮止めして現物合わせで外形を組んでいきます。

DSCF6336
2021/2/20
補強材と、外形となる雨どいに合わせてバンドを2枚重ねで接着します。
写真は1枚目を接着したところ。

DSCF6337

DSCF6338
2枚目のバンドを貼り付け終わったところ。
先頭部は縦横にカーブしているので、3本幅ずつに切り離して接着していきました。

DSCF6340
2021/2/21
台車枠を組みます。

DSCF6341
車体に取り付けたのち、車輪も取り付けます。
車輪と車軸は形だけで、一応は回るもののスムーズにはいきません。

DSCF6346
雰囲気だけですが、つり革です。

DSCF6348
2021/2/22
雰囲気だけですが、運転台と手ブレーキです。
片方の運転台はブレーキハンドルが取り外されています。

DSCF6349
内装を全て取り付けた様子

DSCF6350
パンタグラフ。面倒だと思ってましたが意外とすぐできました。

そして、作業日数約10日で完成しました。

DSCF6364

DSCF6366

DSCF6367
営業運転している状態を意識したので、一部の窓は開いています。
相変わらず工作のアラが目立ちますが、古い木造車のヨボヨボ感が出ているのではないでしょうか(言い訳)
ゆくゆくは運転士や乗客も作って乗せたいです。