鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

カテゴリ: 模型工作

気付けば4か月も更新を放置していました。

新作の紹介も、春からずっとやってなかったので、これから小出しにしていこうと思います。

今回は、鹿島臨海鉄道6000形をご紹介します。
5月下旬に着手し、6月中旬に完成しました。

DSCF2681

今回は、2両まとめて作りました。
写真は2両とも通常塗装ですが、これはラッピングを貼る前の状態です。

DSCF2683
で、完成したものがこちら。
6018号、ガルパンラッピング2号となりました。
ラッピングは、かけやま写真館様(http://kakeyama.image.coocan.jp/)にて公開されているサイドビュー写真を、許可を得たうえで使用させていただき、シール紙に印刷したものを1つずつ切りぬいて貼りつけました。

DSCF2684
ラッピングの公式側。

DSCF2685
ラッピングの非公式側。



ラッピング車は初挑戦でしたが、これも、かけやま様のサイドビュー写真のおかげです。
写真の利用を許可していただいたかけやま様に感謝いたします。

今回はガルパンラッピング2号車を作りましたが、1、3号車については制作予定はございませんので悪しからず。
但し、戦車を輸送する貨車の制作は構想があります(チキ7000でいいかな?戦車道協会の私有貨車という設定で)。しかし、管理人は戦車については知識が全くないので、既存のペーパークラフトを使用することになるでしょう。

今回制作した、鹿島臨海鉄道6000形の型紙です。
私的利用のため、分かりにくい部分があるかもしれませんが、利用は自己責任でお願いいたします。
尚、無断商用利用、マスメディア(TV、ネットニュースetc.)での利用は厳禁とさせていただきます。
(完成品を個人HP、ブログ、SNSで紹介するのはOK)

ダウンロード(PDF Googleドライブ)











[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガールズ&パンツァー 1 【DVD】
価格:4158円(税込、送料別) (2017/10/20時点)



約2か月ぶりの更新となってしまいました。
本日から、週1で障がい者就労支援のお世話になっております。(管理人はASD)

さて今回は、以前RMモデルズ(2009年11月号だったかな?)に掲載された長崎氏による制作を解説した記事をもとに、キハユニ15を作ってみました。
掲載誌は購入しなかったのですが、3年ほど前に書店で見かけて購入したムック本に再録されていました。

↓この本です

車体の型紙は作成したのですが(CADのファイルの更新日時が2015年4月13日だった)作らないままで、先日ようやく作る気になり、1週間で上げました。
湘南顔は初挑戦です。

キハユニ15は、電気式気動車のキハ44000を液体式に改造するとともに、郵便・荷物合造車に改造したものです。
運用線区を調べると、主に加古川線や中国地区で使用され、山口県内でも見られたことが分かりました。(厚狭と小郡に1両ずつ配置されていた)


キハ44000についてはこちらの動画を参照。




DSCF2663
側面。
同書の作例では、青と黄褐色の旧塗装でしたが、気動車一般色としました。
車体はペーパールーフにアレンジしています。(先頭部の屋根のみバルサ製)

DSCF2652

DSCF2648


DSCF2649

天気が良いので庭で撮影です。
後ろのキハ58は、10年前に作ったものです。(一部でkiha58というハンネを使用しているほど好きな車両だが、この1両しか作っていない)

DSCF2637
保護棒は、細く切ったグレーのケント紙を貼っています。(これまでは省略してきた)

塗装はダイソーのカラースプレー(アイボリー)と、アサヒペン クリエイティブカラースプレーのファイヤーレッドです。


現在は、鹿島臨海鉄道6000形を2両同時に制作中です。
うち1両はガルパンラッピングにします。










先日(と言っても半月ほど前)、放置状態だったE235系と323系を完成させました。

DSCF2421

この2両は、1月に開いた個展の会場で制作の実演をするために作ったものです。
E235系は現地で制作し、323系は車体を組み上げた状態で持ち込み、ステンレス車体のリブの表現の実演をしました。

しかし、個展終了後の解放感から、Railsimのプラグイン制作にどっぷりはまり、2か月近く放置されました。
(プラグインは低クオリティゆえ、配布予定はございませんので悪しからず)

そして、3月になってようやく作業を再開し、やっつけで完成させました。

DSCF2422

323系は、以前の227系の型紙をそのまま流用。
構造も作り方も同じです。
なので、スカートの形が違っています。

車体の塗装は銀色ぐらいで、ラインや模様はシール紙に印刷したものを貼っています。


E235系は、前面の工作を若干工夫した以外はごくオーソドックスな作り方をしています。
(↑「若干工夫」が「若本規夫」(穴子さん役の声優)に見えた)

DSCF2264
まず、前面のベースとなる部分を接合します。

DSCF2265
前面の周囲の絞られた部分をバルサで作ります。
あとは紙ヤスリで成型し、バルサに瞬間接着剤をしみこませて目止めします。

DSCF2391
リブの再現の様子。
シール紙を細く切って貼ります。
それだけで数十分~小1時間かかります。(以前作った883系など地獄でした)

DSCF2423
で、完成した様子。
JR東日本の最近の車両は、床下がダークグレー(というか若干明るい黒)なので、調色しました。
こちらも、模様はシール紙に印刷したものを貼っています。
特徴である前面のドット柄は、MSペイントでちょこちょことドット絵に描きました。
前面の絞り部分は、色合いが違うことガン無視で、手元にあったタミヤカラー(X-15 ライトグリーン)を塗りました。



と、いうわけで、東西の環状線の最新車両ができました。
最近は新しい車両の制作に挑戦し、このようなメンツとなりました。
DSCF2430
883系(前述)のみ2010年制作で、それ以外はここ1年の間に作りました。

最近の車両は、細かい所に曲面があったりして作りづらいです。
「作れそう」と思っていざ実車の写真を見返すと「ああダメだorz」となったりします。
しかし、これまでの経験から、「この車両はこうして作る」という攻略法(武井壮さんの「猛獣の倒し方」や、バカリズムさんの「都道府県の持ち方」的な)を思いつきます。もちろん、それでちゃんと作れる保証はありません。

最近登場した車両をもっと作ってみたいですが、今は151系が作りたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

JR山手線の謎学 [ ロム・インターナショナル ]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トレインクッション山手線E235系(新型車両)
価格:3500円(税込、送料別) (2017/3/31時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大阪環状線
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】プラレール S-45 323系大阪環状線(おもちゃ)
価格:1940円(税込、送料無料) (2017/3/31時点)




前回の続きです。
今回で完成です。

DSCF2082
運転室部分に開けた開口部は、内側の骨組みが丸見えなので、黒い紙を貼っておきます。

DSCF2084
運転室の出っ張った部分を取り付けます。

DSCF2107
先頭部の内側は補強材で密閉された状態になってしまっていることに気付き、これではドア部分の窓が入れられないので、急遽底面にも開口部を作りました。

DSCF2108
ボディマウント構造の部分は、このように板目表紙を入れます。
あとから外せるように、ゴム系接着剤で点付けしています。

ここから塗装です。

DSCF2109
まず、ベースホワイトで下塗りです。

DSCF2112
塗り重ねている途中で、屋根の滑り止めを表現します。
これは、ティッシュペーパーに両面テープを貼ったものを細く切って貼り付けています。
しっかりと貼られているので、塗料が染みてもシワシワになりません。

薄い紙は、このようにピシッと貼ればシワにならないのです(以前SK-ⅡのCMで桃井かおりさんが言ってましたね)。


塗装はこのあと、ダイソーのカラースプレー、そして最後に水性ホビーカラーで白を塗り重ねました。

DSCF2114
床面よりも下の部分をグレーで塗ります。

DSCF2115
青ラインは、両面テープを青く塗ったものを貼ります。
糊は塗料でコーティングされるので、表面に粘着はありません。

DSCF2116
窓ガラス(OHPフィルム)を入れます。

DSCF2117
台車周りの床板をはめ込みます。
台車枠は見えないので省略!

DSCF2118
邪魔になるので外しておいた(というか、塗装作業中に外れた)底面を再び接着します。



DSCF2120

完成です!
先頭部の形状がちょっと違いますが、どう見てもN700系でしょう。
新幹線はこれまでに700系(1/160)と0系を作ったことがありますが、今回も含め、どれも先頭部の造形に失敗しています。
図面だけではなく、実車の写真を確認しながら作ることの重要性を学びました。

DSCF2121

DSCF2122


DSCF2123

さて、今年の更新は多分これが最後です。

現在、放置中だったC63が制作中で、年内の完成を目指します。

来年最初の作品は、E233系を予定しています。

では、よいお年を










前回からの続きです。

DSCF2057
角棒と、短冊形の板で補強します。
これはいつも通りのやり方です。

DSCF2058
先頭部に入ります。
まず、両側の出っ張ったところになる部分から。
厚さ4mmのバルサを2枚重ねて貼ります。

DSCF2059
さらにその上に、厚さ2mmのバルサを、上面を現物合わせで削って調整して貼ります。 



DSCF2062
大まかに削ったら、次は上に出っ張った部分を作ります。
ここからは勘で作っています。

DSCF2064
で、最終的にこうなりました。

DSCF2065
削ります。

DSCF2074
運転室部分です。
一応型紙に大まかな形でパーツを入れていましたが、現物合わせと勘と気分で形を調整しました。
窓ガラスはあらかじめ貼っておき、完成までマスキングします。

DSCF2076
連結器カバー部分を成型します。(接合部の形を間違えた)
 また、運転室部分は開口部を作りました。

今回はここまで。
執筆時点での作業は、サーフェイサー処理まで進んでいます。
 

個展に出品する作品として、比較的新しい車両を作りたいと思ったので、N700系の制作に着手しました。

新幹線は、半年ほど前から、個展に出品する新作の候補に挙がっていました。
形式は他に800系やH5系なども候補に挙がっていましたが、いつも自宅の窓から見ている車両ということでN700系に決まりました。

DSCF2029

DSCF2031

まず、「鉄道ファン」2005年5月号収録の図面から、先頭部の要所要所の点の座標を取ります。
図面は記入するので、コピーを取っています。

DSCF2036
CADで型紙を作成します。

先頭部の作り方にはかなり悩みましたが、書店で見た、今月の「RMモデルズ」に載っていたペーパー製の951形が、先頭部(0系に似た団子鼻)を木材からの削り出しで作られていたので、こちらも木製とすることにしました。


DSCF2037

DSCF2040
いつもと同じく、窓の四隅を彫刻刀で押し抜き、辺をカッターで切ります。
窓の四辺は、実際は緩い弧を描いていますが作業のやりやすさと、この小ささでは再現しても分からないので直線にしました。
 
DSCF2041
ドアは工作の都合から、車体の切り出し前に貼っておきます。

DSCF2051
車体を切り出しました。
この時点では、余分に切り出している部分があります。


DSCF2052
窓の上下に帯状の紙(他の車両を作ったときの型紙の余白)を貼って裏打ちします。

DSCF2055
先頭部は、厚紙を上下、左右、前後それぞれの断面の形に切ったものを組み合わせて骨組みを作ります。

DSCF2056
車体に接合します。

今回はここまでです。
次回は先頭部の工作に入ります。

 

何か目新しいものを作りたくなったので、初となるゴムタイヤ駆動の車両に挑戦しました。

今回制作したのは、ゆりかもめ7200系(7000系5次車)です。

 DSCF1714

DSCF1716

ゴムタイヤの車両(AGT)初挑戦とはいえ、車体の構造は従来と全く同じなので、特に難しいことはありません。
いつもダラダラと作って半月ぐらいかかっているのに、今回は久しぶりに5日でできました。



肝心のゴムタイヤですが、黒い板目表紙を穴あけポンチで円形に切り出し、それを貼り重ね、中心にホイールっぽい銀色の丸を貼るという稚拙極まりない作り方です。

窓回りの紺色部分は、シール紙に印刷したものを貼っています。

お手軽工作ですが、まあまあな出来だと思います。






久しぶりに作る路面電車です。
文化祭や個展で、年配の方に懐かしんでもらおうと思って制作した車両です。

DSCF1696


山陽電気軌道は、かつて管理人の地元である下関を走っていた路面電車です(山陽電気道とは無関係)。
戦時中は長門鉄道を統合していたので、「電気軌道」を名乗りながらも蒸気機関車の走る鉄道線がありました(戦後に再び分社化)。 
1971年に軌道事業は廃止され、現在はバス会社の「サンデン交通」となっています。
余談ですが、元農林水産大臣の林芳正氏は、このサンデン交通の経営者の家系出身です。

さて、この700形は、1958年に登場した車両です。
あとから登場した800形と酷似していますが、両者は台車形式ぐらいしか違いがありません。
現在は800形ともども、土佐電気鉄道(とさでん交通)に譲渡され、現在も使用されています。 

DSCF1698




制作ですが、以前大学のOBである知人から図面(昔、機芸出版社から出ていたスタイルブック)のコピーをいただいたので、それから作図しました。
実は、その知人に差し上げるために手描きで型紙を起こして車体を作ったことがあるのですが、当時のことは忘れてしまっているので1から型紙を起こし直しました。

車体の広告やサボは、Google検索、手元にある本をもとに作成しました。
大丸のマークは、ググって検索に引っかかったもの持ってきて、他はそれっぽいフォントでごまかしました。
特に「カステラの秋栄堂」の「カステラ」の部分は特徴的なフォントだったので、似ているフォントで打ったあと、ペイントでそれっぽく調整しました。

窓の手すりは、シャープ芯を塗装後に取り付けています。



最後に、型紙を公開しましたので、リンクを貼っておきます。

型紙ダウンロード(Googleドライブ)


8日の記事の続きです。

70DD-3形及び、台車(ここでは、構内鉄道においての貨車のこと)をご紹介します。 

 まずは70DD-3です。
DSCF1947

DSCF1948
 制作過程は8日の記事で紹介したので、完成したところをご紹介します。

塗装は、青と白がダイソーのスプレー、黄色とグレーが水性ホビーカラーです。
実車のイメージどおり、かなりきつめに汚しました。
ただ、ウェザリングはほとんどやったことがないので、黒い塗料をドライブラシでそれっぽくこすりつけただけです。



DSCF1951
台車です。
手前がスラブ台車、奥が熱塊カバー台車です。

呼称は便宜上のもので、社長様のブログ「Aux Amis des Trains」内での呼称に準拠しています。
尚、今回制作した新日鐵の車両は全て、同ブログの記事を参考にさせていただいております。

2両とも、黒いマーメイド紙と板目表紙で作りました。
スラブ台車に積載されたスラブはスチレンボードを塗装したものです。

スラブ台車は、半製品である、スラブという平べったい鋼の塊を運搬する車両です。
スラブの厚さは約25cm、長さは約9mで、これを圧延機で薄く延ばすことで鋼板、すなわちいわゆる鉄板となります。

熱塊カバー台車は、条鋼(レールや鉄の棒)となる熱せられた鋼を運搬します。
車両の周囲は熱気がたちこめ、車体からは陽炎が出るそうです(運搬中の姿はまだ見たことがありません)。
車体の側面は塗装が剥げて赤錆び色をしていますが、うまく表現できそうになかったので、紙の地色のままです。



8日に紹介した85ED-1を入れると、新日鐵の車両はこれで4両となりました。

製鉄所の車両は交通機関として使用されるものではないので、一般的な鉄道車両とは全く性格や形態が異なるので興味深いです。

いつかは他の車両も作ったみたいです。



 

今年も、公民館の文化祭に出展します。
文化祭への出展は早くも5年目です。
あと5日なので、出品予定の作品を仕上げているところです。 

さて今回は、前回の最後に触れた新日鐵の機関車を、完成したものと制作中のもの、計2つを紹介します。 

DSCF1522
まずは予告通り、電気機関車の85ED-1形です。

パンタグラフがシングルアームに換装された、E8502がモデルです。
ディティールはかなり大幅に省略しました。 

DSCF9039
実車はこんな感じ。


DSCF1523
 車体の上半分は、本来はオレンジですが、ほとんどの機関車は退色してサーモンピンクになっており、そちらの印象が強いのでサーモンピンクに塗りました。

DSCF1411
最近ワニのペイントから標準色になったE8501はこんな感じ。
奥に見えるディーゼル機関車は、オレンジ部分がピンクぽくなっていることが分かります。


色は、水性ホビーカラーの「H29 サーモンピンク」を使用予定でしたが、いつも塗料を購入する某家電量販店には置いていなかったので、手持ちの塗料を調色しました。(よく覚えていないが、水性ホビーカラーのホワイト+イエロー+タミヤカラーのレッドだったと思う)

この他、クリーム色はダイソーのカラースプレー(アイボリー)、青ラインは水性ホビーカラーのインディーブルー、グレーは同じく水性ホビーカラーのねずみ色です。
ゼブラ塗装は、Gimpのパターン塗りを利用して作ったbmpをCADに貼りつけ、シール紙に印刷したものを貼っています。
飾り帯は、シール紙をガンダムマーカーで銀色に塗って貼っています。
ナンバープレートは作成したものの、誤ってE8501のナンバーを作ってしまい、印刷したシール紙から切り取ろうとしたところで気づいたので、現時点ではまだ取り付けていません。

DSCF1524
下回りはスカートに覆われて見えないので、機器類も台車枠もないという超手抜きとなっております。

↓制作中の様子
DSCF1497

DSCF1507



一方こちらは、現在制作中の70DD-3です。


DSCF1841
本体が組みあがったところで一度目のサーフェーサーを塗ったあと、ルーバの枠やラジエーター、デッキなどを付けたところです。

DSCF9044
ちなみに実車はこんな感じです。(奥に見えるワニの絵が前述のE8501)

DSCF1842
車体裾の絞り部分には補強材を貼らず、折り曲げたところに瞬間接着剤をしみこませて固めました。

DSCF1866
塗装前の様子。
ディティールは85ED-1以上に大幅にデフォルメしました。
デッキの手すり、連結器、誘導アンテナなどは別個に作って塗装後に取り付けます。

現在、実車には運転室部分の屋根に空調らしき装置と、そこから窓を突き抜けて車内へ延びる配管がついていますが、今回は省略です。

この記事の執筆時点では、塗装の7割ほどが済んだ状態です。
このあと、70DD-3を仕上げ、貨車を1両作れば、文化祭に出品するものはそろいます。


*この記事の実車写真は、公道及び、世界遺産眺望スペースから撮影したものです。立ち入り禁止の箇所での撮影は一切行っていません。
 また、眺望スペースからの撮影も、ボランティアガイドさんから「いい趣味ですね」と言われたぐらいなので、モラル的な問題はないでしょう。

このページのトップヘ