鉄道でいろいろやるブログ

タイトルの通り、鉄道に関するいろいろなことを紹介します。 メインは、模型工作や、挑戦、おすすめの紹介です。

カテゴリ: 模型工作

8日の記事の続きです。

70DD-3形及び、台車(ここでは、構内鉄道においての貨車のこと)をご紹介します。 

 まずは70DD-3です。
DSCF1947

DSCF1948
 制作過程は8日の記事で紹介したので、完成したところをご紹介します。

塗装は、青と白がダイソーのスプレー、黄色とグレーが水性ホビーカラーです。
実車のイメージどおり、かなりきつめに汚しました。
ただ、ウェザリングはほとんどやったことがないので、黒い塗料をドライブラシでそれっぽくこすりつけただけです。



DSCF1951
台車です。
手前がスラブ台車、奥が熱塊カバー台車です。

呼称は便宜上のもので、社長様のブログ「Aux Amis des Trains」内での呼称に準拠しています。
尚、今回制作した新日鐵の車両は全て、同ブログの記事を参考にさせていただいております。

2両とも、黒いマーメイド紙と板目表紙で作りました。
スラブ台車に積載されたスラブはスチレンボードを塗装したものです。

スラブ台車は、半製品である、スラブという平べったい鋼の塊を運搬する車両です。
スラブの厚さは約25cm、長さは約9mで、これを圧延機で薄く延ばすことで鋼板、すなわちいわゆる鉄板となります。

熱塊カバー台車は、条鋼(レールや鉄の棒)となる熱せられた鋼を運搬します。
車両の周囲は熱気がたちこめ、車体からは陽炎が出るそうです(運搬中の姿はまだ見たことがありません)。
車体の側面は塗装が剥げて赤錆び色をしていますが、うまく表現できそうになかったので、紙の地色のままです。



8日に紹介した85ED-1を入れると、新日鐵の車両はこれで4両となりました。

製鉄所の車両は交通機関として使用されるものではないので、一般的な鉄道車両とは全く性格や形態が異なるので興味深いです。

いつかは他の車両も作ったみたいです。



 

今年も、公民館の文化祭に出展します。
文化祭への出展は早くも5年目です。
あと5日なので、出品予定の作品を仕上げているところです。 

さて今回は、前回の最後に触れた新日鐵の機関車を、完成したものと制作中のもの、計2つを紹介します。 

DSCF1522
まずは予告通り、電気機関車の85ED-1形です。

パンタグラフがシングルアームに換装された、E8502がモデルです。
ディティールはかなり大幅に省略しました。 

DSCF9039
実車はこんな感じ。


DSCF1523
 車体の上半分は、本来はオレンジですが、ほとんどの機関車は退色してサーモンピンクになっており、そちらの印象が強いのでサーモンピンクに塗りました。

DSCF1411
最近ワニのペイントから標準色になったE8501はこんな感じ。
奥に見えるディーゼル機関車は、オレンジ部分がピンクぽくなっていることが分かります。


色は、水性ホビーカラーの「H29 サーモンピンク」を使用予定でしたが、いつも塗料を購入する某家電量販店には置いていなかったので、手持ちの塗料を調色しました。(よく覚えていないが、水性ホビーカラーのホワイト+イエロー+タミヤカラーのレッドだったと思う)

この他、クリーム色はダイソーのカラースプレー(アイボリー)、青ラインは水性ホビーカラーのインディーブルー、グレーは同じく水性ホビーカラーのねずみ色です。
ゼブラ塗装は、Gimpのパターン塗りを利用して作ったbmpをCADに貼りつけ、シール紙に印刷したものを貼っています。
飾り帯は、シール紙をガンダムマーカーで銀色に塗って貼っています。
ナンバープレートは作成したものの、誤ってE8501のナンバーを作ってしまい、印刷したシール紙から切り取ろうとしたところで気づいたので、現時点ではまだ取り付けていません。

DSCF1524
下回りはスカートに覆われて見えないので、機器類も台車枠もないという超手抜きとなっております。

↓制作中の様子
DSCF1497

DSCF1507



一方こちらは、現在制作中の70DD-3です。


DSCF1841
本体が組みあがったところで一度目のサーフェーサーを塗ったあと、ルーバの枠やラジエーター、デッキなどを付けたところです。

DSCF9044
ちなみに実車はこんな感じです。(奥に見えるワニの絵が前述のE8501)

DSCF1842
車体裾の絞り部分には補強材を貼らず、折り曲げたところに瞬間接着剤をしみこませて固めました。

DSCF1866
塗装前の様子。
ディティールは85ED-1以上に大幅にデフォルメしました。
デッキの手すり、連結器、誘導アンテナなどは別個に作って塗装後に取り付けます。

現在、実車には運転室部分の屋根に空調らしき装置と、そこから窓を突き抜けて車内へ延びる配管がついていますが、今回は省略です。

この記事の執筆時点では、塗装の7割ほどが済んだ状態です。
このあと、70DD-3を仕上げ、貨車を1両作れば、文化祭に出品するものはそろいます。


*この記事の実車写真は、公道及び、世界遺産眺望スペースから撮影したものです。立ち入り禁止の箇所での撮影は一切行っていません。
 また、眺望スペースからの撮影も、ボランティアガイドさんから「いい趣味ですね」と言われたぐらいなので、モラル的な問題はないでしょう。

最近作った車両を全く紹介していなので、小出しにしながら紹介したいと思います。

今回は、227系です。
9月10日に完成しました。(何の因果か、カープがリーグ優勝した日です)

DSCF1436

今回は、作りやすいという理由から2両編成のS編成として制作しました。
先頭部は、車体裾の後退角の付き方が浅く、225系に近い形状になってしまいました。

115系が無くなるのは寂しいですが、早く地元下関にも来てほしいということで、行先は「下関」となっています。

今回は初めての試みとして、車体のライン、方向幕、ロゴなどは、シール紙に印刷して貼りました。

DSCF1437


DSCF1439
クモハ226 山側(左が岡山側)

DSCF1442
クモハ226 海側(左が下関側)
 
DSCF1440
クモハ227 山側(左が岡山側)

DSCF1443
クモハ227 海側(左が下関側)


型紙ダウンロード

1枚目(車体)
2枚目 (ディティールなど)

PDF形式です。
1枚目を2枚、2枚目を1枚印刷すると、2両編成が作れます。
個人的に利用するために作成したので、ちゃんと作れなくても管理人は責任を負いかねます。
無断での商用利用は厳禁とさせていただきます。

DSCF1084

次回は、新日鐵八幡85ED-1形をご紹介予定です。


 

E259系が一応完成しました。
あとはロゴを貼ればコンプリートです。

塗装中の写真を撮っていませんが、白い部分はダイソーのスプレー、赤は手元にあったアサヒペンクリエイティブカラースプレーのファインレッド、窓回りの黒い部分は水性ホビーカラーのグレーとブラックを調色したものを使用しました。

そして、完成したものがこちらです。




DSCF0956

DSCF0957

DSCF0955

DSCF0958

先頭部はだいぶ寸法をいじりましたが、十分E259系に見えると思います。

窓ガラスは、手元にあった黒い塩ビの板を、屋上のWiMAXのアンテナは爪楊枝を使用しました。

最後に、型紙を公開します。
但し、ちゃんと組み立てられるかは保証いたしかねますので、参考程度に。
クロハE259 型紙ダウンロード (Googleドライブより)
*無断商用利用厳禁ですのでご注意ください

さて、次回は227系か広島電鉄750形を予定しています。

前回の続きです。

DSCF0869
先頭部は、このように骨組みのような補強を作りました。
これをコアにして、外板を貼ります。

DSCF0874
貼りました。
裾の絞り部分は、成型の都合を考えてバルサにしました。

DSCF0876
運転室の窓回りは、黒い塩ビ板です。
写真では分かりづらいですが、電気スタンドの電球の熱で柔らかくして曲げています。

DSCF0879
運転室回りを組んだ状態です。
結局バルサに頼ったうえ、形状と寸法も、イメージを損なわない程度に変えています。

DSCF0887
そして、パテとサーフェイサーで処理します。

現時点ではここまで。
他のパーツは全てできているので、あとは塗装して最終の組み立てだけです。


 

この1年は、蒸気機関車などを中心とした旧型車ばかり作っていました。

今年も個展を開くつもりですが、 昨年の個展では、会場の雰囲気と客層から蒸気機関車をメインとした懐かしい車両で固めました。
しかし、案外家族連れの方もいらっしゃったので、無理に旧型ばかりを出さず、最近の車両を出してもいいじゃないかと思いました。

そう考えているうちに、色々と作りたい車両が出てきました。

で、思いついた車両がこちら
E259系
東京メトロ10000系
or 東京メトロ15000系
H5系
N700系
227系
800系
787系

*全部作れる保証はありません


今回作ることにしたのは、成田エクスプレスのE259系です。

しかし、
新型車を甘く見ない方がいい

記憶していた形状から、「これなら作れそう」と思っても、いざ実車の写真を見たら思ったよりも複雑な形状だったということはよくあることです。
今回もそうでした。

とりあえずパーツの形状の検討です。
DSCF0730
先頭部は、前面~側面を開きにして、1枚の紙を曲げることにします。

DSCF0817
で、鉄道ファンの図面を基にCADで型紙を作成。
先にパーツがちゃんと合うかどうか確認するため、モックアップを作ります。
すくなくとも、この時点ではまあOKです。

というわけで、制作開始。
DSCF0865

DSCF0868
で、先頭部以外の部分ができた様子。
現在すでに先頭部の制作に入っていますが、今回の報告はここまで。

To be continued・・・・・ 

2004年に作り始めた、HOスケールディスプレイモデルも、記念すべき300両目に達しました。
(ノーカウント・別カウントの作品もあるので、通算ではすでに300両を超えている) 

記念すべき300両目は、マイテ49形です。

DSCF0804

DSCF0805

DSCF0806

いつものように車体はケント紙、屋根はバルサですが、屋根に厚さ5mmの板を使ったので、実車よりも屋根が浅くなりました。
窓はOHPフィルムで、曇りガラスの部分は耐水ペーパーで擦ってあります。

塗装は、試しに購入してたまたま手元にあった、GSIクレオスの「アクリジョン」の「N-17 艦底色」で行いました。
白帯はプリント用紙を貼ったものです。

水性カラー アクリジョン 艦底色【N17】 【税込】 GSIクレオス [GSI N17 カンテイショク]【返品種別B】【RCP】

価格:145円
(2016/7/18 22:49時点)
感想(0件)



「つばめ」のテールマークはwebからダウンロードされたと思われる画像(共用PC時代に父がダウンロードしていたもの。出典元不明)を印刷したものです。


DSCF0808
簡易ですが、車内には椅子があります。

BlogPaint
椅子はこのように、L字に折ったボール紙を、厚さ2mmのバルサに貼り、両側に肘掛けとなる四角く切ったボール紙を貼っています。
塗装はMr.カラーの赤2号で行いました。但し、リネン(背もたれの白い布)は省略です。

DSCF0725
制作中のデッキ部分です。

真鍮線と、細く切ったプラバンを瞬間接着剤で接着します。

DSCF0726
車体に取り付けましたが、あまりうまくいきませんでしたorz



さて、300両目という節目を迎えたのですが、これからしばらくは、ここ約10年以内に登場した新しい車両に挑戦しようと思います。
これらは先頭部の形状が曲者なので、腕の見せ所となります。

現在E259系を制作中です。

他にも、227系(型紙は8割方完成)、N700系、東京メトロ10000系などを作ってみたいと思います。


昨年秋より放置中だったEF63を完成させました。

DSCF0692

EF63は、以前から制作する構想がありましたが、「碓氷と彼女とロクサンの。」というライトノベルを読んで制作に踏み切りました。

*舞台・挿絵担当が「RAILWARS!」と同じですが、関連作品ではありません。

着手は昨年10月。
当初は、10月下旬に開いた個展に出展させようと考えましたが、間に合わないことが分かり、そのまま放置されていました。

そしてしばらくたった先月頃、展望車を作りたくなりました。
しかし、作品数がまもなく300号を迎えるので、どうせなら記念すべき300号を展望車にしようと考えました。

そこで、つなぎとして放置中のEF63を完成に持ち込み、298号・299号の作品とすることにしました。
こうして、8か月ぶりに工作が再開しました。

DSCF8747
着手直後の様子。
素材はケント紙です。

このあと、先頭部の屋根をバルサで作り、パテを塗ったところで工作はストップしました。

DSCF0660
時間は流れて先月末。
ディティールパーツを制作して、ベースホワイトで下塗りしたところです。

アンテナは真鍮線です。取り付け部分は強度の問題から大幅にデフォルメしています。

DSCF0661
側面の様子。
今回制作したのは11号機と25号機です。
1次車と3次車の形態の違いを作り分けます。



DSCF0698
そして完成。
塗装は、青がアサヒペンのスプレー、クリーム色は前回の583系で余ったものです。

DSCF0695
側面の様子。
上が11号機、下が25号機です。
雨樋の端の形状が違うのが分かります。 
あと、避雷器の位置も違います。

DSCF0696
 反対側の様子(指が写ってしまった(^^; )

DSCF0705

DSCF0703

重連運転!
しかし、肝心の連結相手がいないという事実。
一応クハ115は作っているので、今度連結させてみようと思います。
でも189系があったらなぁと思うところです。

EF63は製造時期によってディティールの形状が違うので、それをコンプリートしたい気持ちもありますが、気力が持ちそうにありません。


 

約10年ぶりに、583系を作りました。

2006_11120611130012
こちらは、その10年前に作った583系です。
当時は気に入っていましたが、現在になってからは見劣りするようになってきました。
 
数年前から、また作りたいと思うことがあり、今回再挑戦してみました。

web上で、583系の型紙データは見つけたのですが、今回は自作の型紙で作りました。

583系の型紙が配布されているサイト : 型紙倉庫

 DSCF0337
制作中の様子です。
先頭部は、このように補強を入れていますが、これでもまだ不十分だということが分かりました。
(現在、型紙は修正済)

DSCF0338
サーフェイサー処理前

これ以降、途中の写真を撮っていないので、いきなり完成です。

DSCF0440

DSCF0441

DSCF0442

DSCF0443

塗装は、近い色が手に入らなかったので、水性ホビーカラーを調色して塗りました。

青15号はインディーブルーにエメラルドグリーンを少量、クリーム色1号は、ホワイト+イエロー+薄茶色少量です。

「インディブルー(青)(光沢) H-15」

価格:162円
(2016/6/6 00:01時点)
感想(0件)

「エメラルドグリーン(光沢) H-46」

価格:162円
(2016/6/6 00:03時点)
感想(0件)

「ホワイト(白)(光沢) H-1」

価格:162円
(2016/6/6 00:03時点)
感想(0件)

「イエロー(黄)(光沢) H-4」

価格:162円
(2016/6/6 00:04時点)
感想(0件)

GSIクレオス 水性ホビーカラー H44 薄茶色

価格:130円
(2016/6/6 00:04時点)
感想(0件)

調色スティック(2本セット)【74017】 【税込】 タミヤ [T 74017 チヨウシヨクステイツク]【返品種別B】【RCP】

価格:252円
(2016/6/6 00:05時点)
感想(6件)



リメイクの理由には、旧作の色合いを疑問に感じるようになったという理由もありますが、この写真ではあまり変わらないように見えます。
生で見たら若干色合いが違います。

ヘッドマークは、ラバーマグネットによって交換可能です。


さて、この記事の冒頭では583系を好きになったいきさつを書く予定でしたが、長くなったのでまた今度に回します。
 

これまでに掲載した、「まいてつ」のキハ07sの制作工程の写真を並べただけです。
ただの紙が列車へと変化する様子をお楽しみください。
尚、写真で見てお楽しみいただくことを意図しているので、あえて解説文は書いていません。

DSCF9689

DSCF9696

 DSCF9697
DSCF9698

DSCF9699

DSCF9700

DSCF9701

DSCF9703

DSCF9704

DSCF9705

DSCF9707

DSCF9708

DSCF9713

DSCF9714

DSCF9715

DSCF9716

DSCF9717

DSCF9721

DSCF9725

DSCF9727

DSCF9728

DSCF9733 - コピー

DSCF9735

DSCF9736

DSCF9737

DSCF9751

DSCF9753

DSCF9755

DSCF9756

DSCF9757

DSCF9761

DSCF9763

DSCF9764

DSCF9767

DSCF9768

DSCF9769

DSCF9770

DSCF9771

DSCF9773

DSCF9775

DSCF9780

DSCF9777


DSCF9782

DSCF9786

DSCF9787


このページのトップヘ