2004年に作り始めた、HOスケールディスプレイモデルも、記念すべき300両目に達しました。
(ノーカウント・別カウントの作品もあるので、通算ではすでに300両を超えている) 

記念すべき300両目は、マイテ49形です。

DSCF0804

DSCF0805

DSCF0806

いつものように車体はケント紙、屋根はバルサですが、屋根に厚さ5mmの板を使ったので、実車よりも屋根が浅くなりました。
窓はOHPフィルムで、曇りガラスの部分は耐水ペーパーで擦ってあります。

塗装は、試しに購入してたまたま手元にあった、GSIクレオスの「アクリジョン」の「N-17 艦底色」で行いました。
白帯はプリント用紙を貼ったものです。

水性カラー アクリジョン 艦底色【N17】 【税込】 GSIクレオス [GSI N17 カンテイショク]【返品種別B】【RCP】

価格:145円
(2016/7/18 22:49時点)
感想(0件)



「つばめ」のテールマークはwebからダウンロードされたと思われる画像(共用PC時代に父がダウンロードしていたもの。出典元不明)を印刷したものです。


DSCF0808
簡易ですが、車内には椅子があります。

BlogPaint
椅子はこのように、L字に折ったボール紙を、厚さ2mmのバルサに貼り、両側に肘掛けとなる四角く切ったボール紙を貼っています。
塗装はMr.カラーの赤2号で行いました。但し、リネン(背もたれの白い布)は省略です。

DSCF0725
制作中のデッキ部分です。

真鍮線と、細く切ったプラバンを瞬間接着剤で接着します。

DSCF0726
車体に取り付けましたが、あまりうまくいきませんでしたorz



さて、300両目という節目を迎えたのですが、これからしばらくは、ここ約10年以内に登場した新しい車両に挑戦しようと思います。
これらは先頭部の形状が曲者なので、腕の見せ所となります。

現在E259系を制作中です。

他にも、227系(型紙は8割方完成)、N700系、東京メトロ10000系などを作ってみたいと思います。